AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始

自動生成と機械学習で創られる宇宙的怪物たちはまさに、コズミックホラーの体現者と言えるでしょう。

PC Windows
AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始
  • AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始
  • AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始
  • AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始
  • AIに創られた宇宙的怪物、SAN値がピンチ!ローグライトACT『Source of Madness』早期アクセス開始

開発Carry CastleおよびパブリッシャーThunderful Publishingは『Source of Madness』の早期アクセスを開始しました。

本作は、「クトゥルフ神話」で知られるH・P・ラブクラフトにインスパイアされ、自動生成と機械学習によって生み出される奇怪な世界「ロームランド」が舞台のダークな横スクロール型ローグライト・アクション。新人侍者となり、ロームランドと謎に包まれた月の要塞「狂気の塔」が秘める宇宙的秘密を暴くため悪魔めいた冒険に旅立ちます。

本作に登場する恐るべき怪物たちは、自動生成とニューラルネットワーク AIによって常に姿やアニメーションを変化させ続けるのが特徴です。早期アクセスに伴い公開された動画では、赤色の装束を身に纏う主人公が光の玉を引き連れて、様々なマップを駆け抜けながら魔術で人ならざるモノたちと対峙している様子が映されています。各種装備品やスタッシュ、スキルツリーのような要素もあるようです。

『Source of Madness』は現在Steamにて早期アクセス中、価格は1730円です。なお、本作はインターフェース及び字幕で日本語対応しています。

《ばるたん》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オリジナル版との比較映像も!『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』発売日発表&予約開始

    オリジナル版との比較映像も!『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』発売日発表&予約開始

  2. “圧倒的に不評”からの巻き返しを目指す『eFootball 2022』10月28日に予定していたアップデートを11月上旬に延期

    “圧倒的に不評”からの巻き返しを目指す『eFootball 2022』10月28日に予定していたアップデートを11月上旬に延期

  3. アクアリウム制作シム『Aquarium Designer』Steamにて配信開始!エンゼルフィッシュ、ベタ、金魚など可憐な魚がずらり

    アクアリウム制作シム『Aquarium Designer』Steamにて配信開始!エンゼルフィッシュ、ベタ、金魚など可憐な魚がずらり

  4. 新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

  5. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』新DLC「No Step Back」11月24日発売―ソビエトの政治を反映したゲームシステム追加

  6. 『Valheim』大型アプデ「Hearth & Home」の“次”はどうなる!?今後の検討内容一部明らかに

  7. 『スカイリムAE』Mod環境の一部未対応が明らかに―コミュニティではファイルのバックアップも推奨

  8. これがハクスラトレハン宇宙4XアクションRPGだ!『Drox Operative 2』正式版配信開始

  9. 『テラリア』と『Don't Starve Together』がコラボアップデートを示唆!2つのGIFアニメーションが公開

  10. 2人プレイ専用協力型ホラー『Eronoctosis: Put Yourself Together』Steamで無料配信開始―友達と共に闇の中へ

アクセスランキングをもっと見る

page top