タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ

タイムループシューター『DEATHLOOP』。ネタバレを避けた結果、他プレイヤーに侵入をするマルチプレイヤーモードをご紹介。いつもとは違う「1日」が楽しめるかも…。

家庭用ゲーム PS4
タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ
  • タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ
  • タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ
  • タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ
  • タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ
  • タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ

Arkane Lyonが開発、Bethesda Softworksが販売する、タイムループシューター『DEATHLOOP』。本作が全くプレイレポに向いていない!と言った直後、パブリッシャーと編集から「もうちょっとプレイして追加で記事を書け」との手紙が筆者のもとに届き……。というわけで、担当編集との熟考の結果、今回は一切ネタバレがなくて安心のマルチプレイヤーモード、ジュリアナによる侵入のプレイレポをお届けします。

コルトに「侵入」をするマルチプレイ

あらかじめざっくりと読者の方々に説明しておくと、シングルプレイヤーモードではコルトでプレイしていましたが、マルチプレイヤーでは待ち受ける側、ジュリアナとしてランダムもしくはフレンドの誰かに侵入をして、コルトを倒すのが目的というモード。ジュリアナでプレイする際も、コルトと武器やアイテム類は別になっており、改めて集めなければなりません。

ジュリアナ側でプレイする際に最も特徴的なのは、ジュリアナでしか使用できない「マスカレード」というスキル。これはレティクルで指定したキャラに扮することができ、外見が入れ替わるというもの。いわば雑魚キャラとして油断させることや、あえて見つかりやすいところのキャラと入れ替えておき、敵の注意を引きやすくしておくといったことに使えそうです。

マップを覚えてないと話にならない

気軽にプレイしてみるというのもアリですが、やはり問題となるのはマップ構造を熟知しているか。出現する場所が違えば当然見える風景も違うわけで、コルトでは逆に楽しめなかった部分を楽しめるという言い方もできます。しかし、慣れるまでは自分の場所を理解するのが難しく、マップ中の銃声や何かが動作した音といった情報で、倒すべきコルトの位置を把握する必要があります。本稿の執筆にあたり相手の動きを見ていたところ、予想以上に堂々と走っているプレイヤーが多い印象で、逆にこちらがえっ!?と驚いてしまうことがありました。不用心と取るか、豪胆と取るかはプレイヤーにもよるところですね。

ただ、コルト側も何もせずに終わるわけはないので、ちょっと待っていれば大まかな位置は掴めるかなというぐらいの感じで、プレイした印象では、マップ構造上、必ずしも高所を取っていれば見つけやすかったり有利というわけではないという点は面白いと感じました。あまりこういった侵入系は好きではない筆者ですが、本作においてはコルトでプレイするよりも楽しい面があるように思います。

様々なFPSタイトルと比較すると、距離に対しての銃声はかなり小さい方なので、裏でBGMなどを流しながらやっていると聞き逃しそうなほどの音量。とはいえ、エターナリストが反応したり、銃などが落ちていたりと様々な痕跡が残るため、かくれんぼや散歩のように、マップ中をふらふらとしながら痕跡を探すのも、コルトの位置を絞り込むには効果的。ただし、自分がコルトだったらどういうルートを辿るかを考えるかは忘れずに。意外なところで接敵することも十分にありえます。実際のマルチプレイの様子は以下の動画をご覧ください。

懸念点も多いマルチプレイヤーモード

楽しいプレイフィールの反面、やはり気になってしまう点もあります。それがマッチング時間の長さ。マッチングまでの予想時間は表記されませんが、土日祝日の昼も一般的なマルチプレイのタイトルと比較するとかなり長い部類で、ピークタイム付近でそれよりはマシかな?という程度。夜中等は待ち時間を潰すための何かが必要だなと感じるほどで、実際に筆者は待ち時間をYouTubeで動画を見て時間を潰していました。本稿のこのパラグラフも、裏ではマッチング待ちをしている状態で執筆しており、書き終えてしまいました。

マッチングの仕組みがどういった形になっているかは不明ですが、発売直後で長く感じるということは、ある程度のプレイヤーがクリアし終わった場合、一体どんな待ち時間になってしまうのかと考えると、かなり恐怖を感じます。この点に関しては、マッチングシステムの改良もしくはマッチング予想時間の視覚化など、何らかの対策が必要ではないでしょうか。

また、本稿の執筆にも直接的に関わった部分でもありますが、誰かに侵入するためマップを自分で選ぶことができず、連続で同じマップが何度も来てしまうというようなことも発生しており、もうちょっと時間帯やマップがばらけると、より面白くなるかなと思いました。なお、執筆時のプレイではかなりの確率でハリエットのマップが選ばれており、今後プレイヤーの進行によりマップの選択が広がっていくことを期待します。

『DEATHLOOP』は、通常版が8,778円(税込)で現在販売中です。

《kuma》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『スターオーシャン』『LET IT DIE』の新作も発表された「State of Play」発表内容ひとまとめ

    『スターオーシャン』『LET IT DIE』の新作も発表された「State of Play」発表内容ひとまとめ

  2. トライエース開発のアクションRPGシリーズ最新作『スターオーシャン6 THE DIVINE FORCE-』発表―2022年発売予定

    トライエース開発のアクションRPGシリーズ最新作『スターオーシャン6 THE DIVINE FORCE-』発表―2022年発売予定

  3. 『KOF XV』新キャラクター「ドロレス」参戦トレイラー公開!11月にはPS5&PS4向けのオープンベータも

    『KOF XV』新キャラクター「ドロレス」参戦トレイラー公開!11月にはPS5&PS4向けのオープンベータも

  4. PS4/PS5向け基本無料マルチプレイ激突アクションゲーム『Deathverse -Let it Die-』2022年春配信発表

  5. サバイバルアドベンチャー『Little Devil Inside』ジオラマのように美麗なマップを基に冒険するプレイ映像公開

  6. PS5が「Apple Music」に対応開始!9,000万曲以上の楽曲がゲームプレイ中に再生可能

  7. スイッチパッケージ版『GTA:トリロジー』はダウンロード必須に―ゲーム容量に関する問題か

  8. 「へいるまん」は公孫瓚で登場!?シリーズ最新作『くにおくんの三国志だよ全員集合!』第二章の最新情報公開

  9. インディーポップバンドの物語描くADV『We Are OFK』PS5/PS4版2022年発売決定

  10. 『Bugsnax』大型無料アップデート『The Isle of BIGsnax』発表! 2022年前半配信へ

アクセスランキングをもっと見る

page top