「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『天穂のサクナヒメ』など、全受賞作品を一挙紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『天穂のサクナヒメ』など、全受賞作品を一挙紹介

CESAは、年間を代表するにふさわしい作品を選出する「日本ゲーム大賞2021 年間作品部門」の結果を発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介
  • 「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介
  • 「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介
  • 「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介
  • 「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介

CESAは、年間を代表するにふさわしい作品を選出する「日本ゲーム大賞2021 年間作品部門」の結果を発表しました。

2020年4月~2021年3月末までに日本国内で発売された作品および、スマホ/PC作品で期間外にリリースされた後、その年にムーブメントを起こした作品が対象となる「日本ゲーム大賞2021」。

その大賞に輝いたのは『Ghost of Tsushima』と『モンスターハンターライズ』です。どちらも「年間を代表する作品として甲乙つけがたい!」とされ、2014年以来のダブル受賞となりました。

なお、近年の日本家庭用ゲーム産業の成長・発展に寄与し、多大なる貢献をされた人物や団体に贈られる「経済産業大臣賞」は、クリエイター歴40年を迎えた「シブサワ・コウ氏(コーエーテクモゲームス・ゼネラルプロデューサー)」が受賞しています。「日本ゲーム大賞2021 年間作品部門」の各賞一覧は下記の通りです。

◆「日本ゲーム大賞2021 年間作品部門」結果一覧

■大賞

・Ghost of Tsushima
・モンスターハンターライズ

■優秀賞

・バイオハザード RE:3
・ファイナルファンタジーVII リメイク
・The Last of Us Part II
・Ghost of Tsushima
・原神
・天穂のサクナヒメ
・桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~
・バディミッション BOND
・ウマ娘 プリティーダービー
・モンスターハンターライズ

■経済産業大臣賞

・シブサワ・コウ氏

■ゲームデザイナーズ大賞

・マリオカート ライブ ホームサーキット

■ベストセールス賞

・桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~

■グローバル賞日本作品部門

・あつまれ どうぶつの森

■グローバル賞海外作品部門

・コール オブ デューティー ブラックオプス コールドウォー

※グローバル賞は、2020年1月~12月に海外市場で発売され、高い評価を得た作品が対象となります。

「日本ゲーム大賞2021」大賞は『Ghost of Tsushima』と『モンハンライズ』のW受賞に!『ウマ娘』など、全受賞作品を一挙紹介

《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

    基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

  2. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

    松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  3. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

    「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  4. 『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

  5. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  6. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  7. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  8. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top