『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か

『コール オブ デューティ ヴァンガード』は2021年11月5日に発売。

PC Windows
『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か
  • 『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か
  • 『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か
  • 『CoD:Vanguard』英国での初週売上が前作比40%減―『BF 2042』『Halo Infinite』との競合などが原因か

Activisionより、2021年11月5日に発売されたFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ ヴァンガードCall of Duty: Vanguard)』。本作のイギリスでの初週販売本数が前作『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォーCall of Duty: Black Ops Cold War)』と比較して40%減少しているようです。

これはGamesIndustry.bizが報告したものです。最新のGSD(Games Sales Data)によれば、前作に比べてパッケージ版の売上が26%減少、デジタル版の売上が44%減少しているとのこと。またVGCによれば、2007年に発売された『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』に次ぐ初週販売数の少なさであるとしています。

売上減少について、同月に配信される『バトルフィールド 2042』『Halo Infinite(マルチプレイ)』などのFPSタイトルとの競合や、同シリーズの無料FPS『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』が引き続き好調であることが、影響を与えているのではないかと推測しています。

『コール オブ デューティ ヴァンガード』は、PC(Battle.net)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに配信中です。


《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 見下ろしハクスラアクション『Blackwind』リリース―撃って斬ってぶっ飛ばして!

    見下ろしハクスラアクション『Blackwind』リリース―撃って斬ってぶっ飛ばして!

  2. 『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』4月5日に発売決定―「スター・ウォーズ」9作品の物語を描く

    『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』4月5日に発売決定―「スター・ウォーズ」9作品の物語を描く

  3. 吉田修平氏がSteam Deckでの『ゴッド・オブ・ウォー』動作写真を公開―新型PS Vitaを求める声も

    吉田修平氏がSteam Deckでの『ゴッド・オブ・ウォー』動作写真を公開―新型PS Vitaを求める声も

  4. 3人Co-opシューター『レインボーシックス エクストラクション』本日発売―PC Game Passはアカウント連携必須

  5. 海上世界で石油を巡って争うストラテジー『Oil Rush』10周年を記念して無料化の計画を発表

  6. AndroidゲームがPCで遊べる!「Google Play ゲーム」公式サイト公開―香港、韓国、台湾ではβテストも開始

  7. 神託の巫女と共に文明を育むターン制ストラテジー『百年王国』スイッチ/Steam向けに2月3日発売決定

  8. 『バトルフィールド 2042』今後のアップデートに関する最新情報公開―2月中旬以降予定の3.3アップデートでは新たなスコアボードが登場

  9. 『VALORANT』不具合修正や武器アプデ、ミュートワード機能を追加するパッチノート4.01公開

  10. 『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』発売時期は2022年春に!【gamescom 2021】

アクセスランキングをもっと見る

page top