『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に

開発チームがレビュー動画などを確認する様子も。

ゲーム文化 カルチャー
『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に
  • 『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に
  • 『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に

ユービーアイソフトが10月7日に発売したシリーズ最新作『ファークライ6』について、開発の舞台裏に迫るドキュメンタリー映像がYouTubeチャンネルgTVにて公開されました。

映像には、2016年発売の『ファークライ プライマル』開発終盤には既に参加の打診を受けていたと語る『ファークライ6』ナラティブディレクターのNavid Khavari氏や、ゲームコンテンツディレクターを務めたOmar Bouali氏を始めとした本作に関わった多くの人物が出演。本作の開発について様々なエピソードを披露しました。

チャプター1では本作のテーマに「革命」を選んだ経緯などテーマに対する開発チームの思いが紹介。続くチャプター2はヴィラン「アントン・カスティロ」のキャスティングについてやトランスジェンダーのキャラクターを登場させたことなど本作の登場人物に着目した構成に。トランスジェンダーのキャラクターの描き方が誠実なものになっているか、複数人のトランスジェンダーの開発者が確認する体制がとられていたことなどが語られています。

チャプター3では新型コロナウイルスによる開発への影響が在宅ワークを余儀なくされもぬけの殻となったスタジオの映像と共に語られたほか、チャプター4では発売日を迎えた開発チームがレビュー動画や記事を確認する様子やチームの前でスピーチを行う様子などが紹介されています。

『ファークライ6』は、PC(Ubisoft Store)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売中です。


《kamenoko》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  6. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  7. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」国内公開日が2022年1月28日に決定!新たな国内向け予告映像も

  10. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

アクセスランキングをもっと見る

page top