ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート

京都のランドマーク「京都タワーホテル」にオープンしたe-sportsルームへ潜入取材を敢行しました!

ゲーム文化 e-Sports
ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート
  • ゲームも休まず京都観光へおいでやす。Lenovo製ハイスペックPC完備の京都タワーホテル「e-sportsルーム」レポート

なかなか遠出や旅行は難しい情勢が続いた2021年。お家時間の増加はゲーマーにとっては嬉しいようで、情勢が落ち着いたら久しぶりにどこかへ旅行したい気持ちも生まれてくるものですよね。

2021年10月にJTB総合研究所が実施した意識調査(注1)では、感染対策の徹底が前提ではありますが、旅行に対する不安感は少しずつながら和らいでいる傾向も見られます。ポジティブに考えるのなら、いずれ訪れる旅行しやすいタイミングに備え、今は行ってみたい場所や手段をじっくり調べられる最適な時期とも言えますね。

とは言え、すっかり毎日のゲームが習慣になった私たちは旅行先でもゲームがしたくなってくるもの。どうにか出先でも普段のゲームを楽しみたい。そんな皆さんの要望を満たす施設が京都に存在するのをご存知でしょうか。

京都タワーホテルなら、Lenovo製のゲーミングPCで旅行先でも快適なゲーム体験、できます

それが「京都タワーホテル」にオープンしたゲーマーのための「e-sportsルーム」です。このホテル内には様々なコンセプトルームが存在しており、そのひとつがe-sportsルームになっているのです。今回は来る旅行当日へのロケハンも兼ねて取材班が実際にルームを体験して来ました。


京都タワーホテルは京都観光各地にアクセス抜群のJR京都駅から、僅か徒歩2分の京都タワービル内にあります。 足を踏み入れるとおよそゲーミングPCがあるとは想像しづらい高級感あふれる内装に思わず緊張感が。しかし、案内された部屋に入ってみると、確かにありました。ドンと設置された2セットのPCとモニターがお出迎えです。

ベッドと並んでLEDが光るゲーミングデスクが置かれている光景は非日常感に溢れていて、カーテンを開ければ窓の向こうに広がる京都駅や街並みもバッチリですね。

2人並んでも広々としたデスクにLenovo製のゲーミングPCが2台。デスクのLEDは光り方の調整が可能です

もちろん見た目だけでなく性能面も文句なし。ゲーマー御用達のデバイス類が各種取り揃えられており、一度はゲーミングチェア&デバイスで統一された空間を味わってみたいという方にもピッタリのお部屋に。ホテルの一室でありながら、どこか秘密基地のような雰囲気も遊び心をくすぐられる内装です。

※e-sportsルームの詳しい備品はこちらから

ゲームで疲れたらベッドへダイブするもよし、窓を開けて外の景観を眺めるもよし。京都の中心部という立地なので観光も食事も選択肢が豊富で、ちょっと気分転換に散歩がてら京都駅でお土産ショッピングもできてしまいます。

室内にはレッドブルの冷蔵庫も。宿泊者には1日1本無料サービス付

ゲームと配信ソフトはインストール済み

今回は実際に「Lenovo Legion T550i」でゲームをプレイしてその性能を実地検証。既に複数のタイトルがインストールされていますので、タイトルアップデートさえなければインストール等の手間いらずでゲームプレイが可能です。

取材日時点でのインストール済タイトル

まず検証したのは『Apex Legends』。こちらは射撃練習場ながら安定してFPS200以上を叩き出しており、244Hz対応のメインモニターの性能もしっかり生かせています。筆者は自宅でゲームをプレイするときにはパフォーマンスのためにいつもグラフィック設定を落としていますが、ここでは高グラフィック設定もお手の物。

続いて検証した『VALORANT』でも十分すぎるほどのフレームレートを誇り、その他のタイトルもいくつか試しましたが同様に安定感抜群のパフォーマンス。検証のためにゲーム起動を繰り返したり複数のゲームを起動したりと負荷がかかった際にも動作がカクつくことはありませんでした。

「VALORANT」のプレイ画面は思わずパフォーマン表示をオンにしまくってしまうほどの快適さ

これだけでも十分なスペックですが、この「e-sportsルーム」にはコンデンサーマイクに音声ミキサー、そしてWebカメラとグリーンバックも備え付けというゲーム配信のための設備が勢ぞろい。せっかくならと『Apex Legends』を配信してみましたが、配信ソフトを起動しながらでもフレームレートは維持されたままで、Webカメラをオンにしても変わらずの安定感でした。

ビットレート5000Kbpsの配信でもFPS120以上のパフォーマンス、プレイに支障は一切ナシ

配信ソフトもOpen Broadcaster Software、XSplit Broadcaster、GeForce Experienceがインストールされていますので、殆どの方は自宅と同じアプリケーションで配信できるのではないでしょうか。ゲームやYouTubeチャンネルへのログイン時にパスワードが思い出せない事案が多発しないよう、訪問の際には予めメモをとっておくとオススメです。なお、PCはシャットダウンすればログイン情報なども削除されますのでセキュリティの面でも安心安全。もちろん新しいアカウントを作成することも出来ますので、初心者の方もご安心を。

Lenovo「Legion T550i」が旅行先でのゲームを後押し

いかにロケーションが良くてもe-sportsルームに泊まるからには快適なゲーム体験ができなければ最高の旅の思い出は作れません。この京都タワーホテルのe-sportsルームでは2台ともに高スペックのゲーミングPC「Lenovo Legion T550i」(90NC0070JM)を採用し、どんなタイトルでもサクサクと動かせる快適なプレイを実現しています。

「Lenovo Legion T550i」はグラフィックスカードにRTX 2070 SUPERを採用しており、各種タイトルで美麗なグラフィックが楽しめるのは既に紹介した通り。16GBのメモリが複数のアプリケーションを起動しながらの並行作業も楽々可能にしており、2TBのHDDに加えてM.2 SSDも搭載されているので読み込み速度と容量を両立したモデルになっています。

Lenovo Legion T550i(90NC0070JM) 主なスペック

  • CPU:インテル® Core i7-10700 プロセッサー(2.90GHz)

  • メモリ:DDR4-2933 SDRAM UDIMM 16GB(8GB x 2)

  • HDD:2TB(7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)

  • SSD:512GB(PCIe NVMe/M.2)

  • ビデオチップ:NVIDIA® GeForce® RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6

  • その他のスペックはこちらから(90NC0070JMの欄を参照)


「レギナビ」でLegionの製品ラインアップをチェック!

黒を基調としたデザインはホテルの客室内でも違和感のない高級感があり、置き場所を選ばない外見も魅力のひとつ。これだけハイスペックなPCを長時間、それも各種デバイスもセットでゲームをプレイしながら体験できる施設と言うのは他に例を見ないクオリティの高さ。「ワンランク上のゲーミングPCに興味があるけど、実際に使ってみてからじゃないと決められない」という方にもうってつけの施設になっているのではないでしょうか。

担当者の鳥尾さんにインタビュー

ひとしきりゲームを楽しんだところで、ここからは担当者の方に本施設の詳しいお話を伺いました。ご回答いただいたのは、京都タワーホテル宿泊課の鳥尾さんです。

──どのような経緯でe-sportsルームが誕生したのでしょうか。

鳥尾主な理由は2つありまして、ひとつはe-sportsというコンテンツをお部屋に取り入れることで新たな層へと市場を開拓する目的です。もうひとつは京都タワーホテルや京都タワー全体のコンテンツを高めることですね。近隣の学生様など、今までとは違ったライト層にご利用いただくことを考えています。

──ご担当者ということで、鳥尾さんはゲームにお詳しいのでしょうか?

鳥尾実は10年以上も前の話なのですが、『League of Legends』に夢中になってSonaというチャンピオンの使用者ランキングで1位を取ったことがあるんです(笑)。

──そうだったんですか!それはe-sportsルームという着想に影響を与えていますね。

鳥尾はい。でもそれ以来すっかりゲームから離れてしまったので、このコンセプトルームについては配信経験のあるスタッフなどを集め、検討を重ねて設備を決めています。ゲーマーの皆さんにとってデバイスの重要さは理解しておりますので、この部屋は業者にお願いするのではなくホテルのスタッフが清掃・管理を行っています。

京都タワーホテルスタッフの鳥尾さん。『LoL』プレイヤーとしての幼少期を送っていたのだとか

──これまでの主な利用者層はどのような方でしょうか。

鳥尾男性のお客様で20代後半ぐらいの方や、こちらに滞在されている外国人のお客様が多いですね。集中してゲームをプレイするために1名様でご利用される方が中心ですが、カップルでご利用された方もいらっしゃって、新しい旅行のスタイルだなと個人的に印象に残っています。

今後はe-sportsサークルに在籍されている学生の方の練習場所や、社会人の方の新しい休日の過ごし方としてもご利用いただければと考えております。既によくゲームをプレイされる方だけでなく「これからPCでゲームをやってみたい」という方にも、ハイスペックなPCをご体験いただける場所として活用していただきたいですね。

──初めて使う設備やデバイスもあったのですが、こちらは要望があれば使い方の説明などもしていただけるのでしょうか。

鳥尾初めてご利用される方にもご案内させていただけるようマニュアルを作成しておりますので、そちらを元に対応させていただきます。と言いましても、今のところはゲームや機器に詳しいお客様が殆どですので、私たちが勉強させていただいております(笑)。

──2名以上で利用したい場合も宿泊は可能でしょうか?

鳥尾はい、他のお部屋と併せてご予約・ご利用いただけます。当ホテルには他にもコンセプトルームがございますので、例えば広い和室でお休みになりつつ、こちらのお部屋に集合してゲームをして頂くことも可能です。

他にもデイユースプランもございますので、日中は当ホテルでゲームをプレイしつつご自宅や他の施設に宿泊されるご利用法も歓迎しております。このあたりは空室状況にもよって変化いたしますので、是非一度お問い合わせいただければと思います。

──設備の面ではかなり配信用の環境が整っているなとも感じました。

鳥尾やはりe-sportsをコンセプトとして取り入れるにあたって「中途半端ではなく全力で楽しんでいただける環境を」と思って用意いたしました。中には所在を明かさずに顔出しでの配信をされたい方もいらっしゃると思いましたので、安全面にも配慮してグリーンバックも準備しています。

実際に室内のPCで計測した回線速度。計測方法やサイトを変えても安定して同様の数字が出ました

──回線もかなりの速度で驚きました。

鳥尾一般のお部屋とは異なる回線を使用しておりますので、ホテルが混雑していても影響はございません。加えて防音対策もしっかりと行っておりますので、深夜までご利用いただいても問題ございません。

非日常感あふれる空間にはしゃぐ取材班

──それは安心ですね。普段使っているゲームパッドやマウス、イヤホンなどを持ち込んで接続しても大丈夫なのでしょうか。

鳥尾問題ございません。家庭用のゲーム機をモニターに繋いでプレイしていただくことも可能です。

──PCゲームは現在10タイトルほどインストールされていますが、今後はラインナップが追加されるのでしょうか。

鳥尾そうですね。セキュリティの観点からお客様ご自身でゲームをインストールしていただくことはできませんので、もし「このゲームがあれば良いな」というタイトルがあれば是非お問い合わせ頂きたいです。ご意見として頂いて検討し、随時追加していきたいと考えております。

──ありがとうございます。実際に宿泊された方からは今までにどのような反響があったのでしょうか。

鳥尾有難いことにPCのスペックや配信環境に満足のお声をいただいております。中には朝と夜の比較的混雑しない時間帯を観光に使いつつ、昼は部屋でゲームをするという新しいスタイルで「非常に充実した旅行ができました」というお客様もいらっしゃいました。

──利用する人のスタイルによって様々な活用法が生まれそうですね。最後にe-sportsルームの今後の展望をお願いします。

鳥尾e-sportsのお部屋といえば京都タワーホテル、と思っていただけるよう認知度ももっと高めて行きたいですし、設備を利用したオンラインでのイベントなどもやっていけたらと考えております。

──本日はありがとうございました。

鳥尾ありがとうございました。これから更にアップデートしていきたいと考えておりますので、是非沢山ご利用いただいてご意見をお寄せいただきたいです。


京都観光の拠点としての利用からハイスペックPCの体験施設としても利用できる京都タワーホテルのe-sportsルーム。観光名所だけでなくイベント開催も多い京都エリアを訪れたなら是非とも一泊したい施設になっています。

窓からはJR京都駅の美しい外観も楽しめます

旅行中は日頃からプレイしているゲームはちょっとお休み、というこれまでの常識もe-sportsルームがあれば関係なし。友達とゲーム合宿兼京都観光を楽しんでみたり、LED輝くゲーミングデスクを撮影してインスタ映えを狙ってみたり。それぞれのスタイルでゲームライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「レギナビ」でLegionの製品ラインアップをチェック!

注1)「新型コロナウイルス感染拡大による、 暮らしや心の変化と旅行に関する意識調査(2021 年 10 月実施)~緊急事態宣言全面解除直後の気持ちと 7 月調査からの変化~

《ハル飯田》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

    物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  2. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  3. 魔法少女フルブレイクTPS『魔砲少女のメイガスフィア』PC/コンソール向けに2022年発売!開発7年の執念が遂に実るか

    魔法少女フルブレイクTPS『魔砲少女のメイガスフィア』PC/コンソール向けに2022年発売!開発7年の執念が遂に実るか

  4. 映画もゲームで作れちゃうんです。PS4向けクリエイトツール『Dreams Universe』が今度は映画界に進出!

  5. 『Garry's Mod』のキャラアニメーションを完璧に再現した男が現る

  6. ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』2022年春早期アクセス開始!

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 2022年以降発売予定タイトルが一挙発表!「PLAIYSM GAME SHOW 2022」1月23日開催決定

  9. 苦情は一切受け付けない!『LA-MULANA 2』凶悪難度DLC「オアンネスの塔」配信開始―前作地獄聖堂に並ぶ高難度コンテンツが忘れた頃にやってきた

  10. 結局Modってどうなった?『スカイリム アニバーサリーエディション』海外ユーザーも悲喜こもごも。SEのままで実はAEも遊べちゃう?

アクセスランキングをもっと見る

page top