時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

「Nintendo Direct」の原型も……!

ゲーム機 ハードウェア
時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに
  • 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに
  • 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに
  • 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに
  • 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

ゲームの様々な歴史に迫るYouTubeチャンネル「DidYouKnowGaming?」は、1999年頃に任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の特集動画を公開。これまで知られていなかった詳細や開発秘話を明らかにしました。

「PageBoy」はゲームボーイカラー本体に接続して使用するアドオン。プロトタイプは作られず実際に動作するものは存在しないものの、プレゼンテーション資料によればメッセージや写真、メールのやりとり、インターネットの閲覧、ゲームスコアの送信、ボーナスコンテンツの提供などが計画されていたとのことです。

また、その中にはWiiの「お天気チャンネル」のような機能や、最新ゲームニュースをリアルタイムで直接届ける「Nintendo Direct」の原型とも言える機能が含まれていたそうです。

「いつでも、どこでも」というキャッチフレーズも使われており、まさに時代を先取りしていた「PageBoy」ですが、日本や欧州までをカバーする費用対効果の高い無線通信技術(双方向ポケベルと同じ無線通信技術を使用)が存在しなかったため、プロジェクト開始から約3年でお蔵入りになってしまいました。

もし「PageBoy」が実現していたらゲームの歴史はどうなっていたのか……非常に気になりますね。残念ながら世には出なかったものの、そのコンセプトは多くは後世の任天堂ハードで生き続けているのではないでしょうか。


《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. PCへのデータ移動もラクラク!Steam Deckのクラウド機能がアップデートにより改善

    PCへのデータ移動もラクラク!Steam Deckのクラウド機能がアップデートにより改善

  2. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

    無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  3. さらに辛い決断を迫られるVRゾンビシューター『The Walking Dead: Saints & Sinners』チャプター2「Retribution」年内配信決定

    さらに辛い決断を迫られるVRゾンビシューター『The Walking Dead: Saints & Sinners』チャプター2「Retribution」年内配信決定

  4. 「Steam Deck」出荷準備は予定通り!ユニットがズラッと並んだ壮観なテスト風景も公開

  5. 剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

  6. 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

  7. 『シティーズ:スカイライン』のVR版『Cities: VR』発表! 自分の街を隅々まで覗き込もう

  8. ライフルを構えてスコープを覗け!VR専用ステルスアクションFPS『Sniper Elite VR』配信開始

  9. 往年の傑作ハードに対応した『(GC/N64/SFC/NewFC用) HDMIコンバーター』発売

  10. UE4向け京都背景アセット「Kyoto Alley」が18,075円でリリース、商用利用も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top