『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

現地警察は『PUBG』の禁止を要請しています。

ニュース ゲーム業界
『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」
  • 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」
  • 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

大人気バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)にのめりこんでいたパキスタン・カナ地区に住む18歳少年が、母親と3人の兄妹を射殺した事件を複数の海外メディアが報じています。

事件が起きたのは1月18日のこと。殺害されたのは、45歳の母親と、20歳の長男、15歳と10歳の妹二人。少年はほとんどの時間を自室にひきこもり『PUBG』のプレイに費やすコアユーザーで、当日も何時間か試合を行ったがゲーム内の目標を達成できず、攻撃的になったと供述。警察の取り調べに対し、自身を暴力に駆り立てたのは『PUBG』だと主張しています。

事件当時、少年は母親を殺害した後、妹二人を射殺。その後、銃声を聞いて部屋に入ってきた兄を射殺したとされています。殺害後、自分の部屋で少し休んだ後、家の近くの排水溝にピストルを捨てたとしています。さらに、事件が起こったときに眠っていたとするため、再度、部屋に戻ったようです。

英紙「Dawn」では現地ラホール警察からの話として「容疑者はPUBGのように、復活すると思って家族を撃った」とも伝えられています。

ラホールでオンラインゲームに関連した犯罪が起きたのは、2020年を皮切りに今回で4件目となり、過去3人の若いゲームプレイヤーの死の背景には『PUBG』があると警察は判断しているようです。

《稲川ゆき》
稲川ゆき

プレイのお供は柿の種派 稲川ゆき

ゲームの楽しさに目覚めたのは25歳過ぎてからの超遅咲き。人やら都市やら、何でも育て上げるシミュレーション系をこよなく愛する、のんびりゲーマーです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

    戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

  2. ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

    ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

  3. Steam最大接続数更新の『レッド・デッド・リデンプション2』が大幅に順位アップ!Steam売上ランキングまとめ―過去の名作も続々ランクインはセールの影響も?

    Steam最大接続数更新の『レッド・デッド・リデンプション2』が大幅に順位アップ!Steam売上ランキングまとめ―過去の名作も続々ランクインはセールの影響も?

  4. EAが“チーミング”を検出するシステム特許出願―FPS以外にも実装される可能性も

  5. 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告

  6. まるで『ウイニングポスト』!東京競馬場で競走馬トラッキングシステムのテストが実施―各馬の位置関係などひと目に分かりやすく

  7. Steamオータムセール最安値を追え!気になるあの7本のタイトルはお買い得?

  8. 「PS6」と次世代Xbox、どちらも2028年以降に―ソニーとMSが英規制当局への文書で明らかに

  9. 「VRChat」にも対応!モバイルモーションキャプチャ『mocopi』登場

  10. 架け橋ゲームズが日本向け担当タイトル300本到達を報告―主に海外インディーゲームの国内展開をサポート

アクセスランキングをもっと見る

page top