『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

現地警察は『PUBG』の禁止を要請しています。

ニュース ゲーム業界
『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」
  • 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」
  • 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

大人気バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)にのめりこんでいたパキスタン・カナ地区に住む18歳少年が、母親と3人の兄妹を射殺した事件を複数の海外メディアが報じています。

事件が起きたのは1月18日のこと。殺害されたのは、45歳の母親と、20歳の長男、15歳と10歳の妹二人。少年はほとんどの時間を自室にひきこもり『PUBG』のプレイに費やすコアユーザーで、当日も何時間か試合を行ったがゲーム内の目標を達成できず、攻撃的になったと供述。警察の取り調べに対し、自身を暴力に駆り立てたのは『PUBG』だと主張しています。

事件当時、少年は母親を殺害した後、妹二人を射殺。その後、銃声を聞いて部屋に入ってきた兄を射殺したとされています。殺害後、自分の部屋で少し休んだ後、家の近くの排水溝にピストルを捨てたとしています。さらに、事件が起こったときに眠っていたとするため、再度、部屋に戻ったようです。

英紙「Dawn」では現地ラホール警察からの話として「容疑者はPUBGのように、復活すると思って家族を撃った」とも伝えられています。

ラホールでオンラインゲームに関連した犯罪が起きたのは、2020年を皮切りに今回で4件目となり、過去3人の若いゲームプレイヤーの死の背景には『PUBG』があると警察は判断しているようです。

《稲川ゆき》

プレイのお供は柿の種派 稲川ゆき

ゲームの楽しさに目覚めたのは25歳過ぎてからの超遅咲き。人やら都市やら、何でも育て上げるシミュレーション系をこよなく愛する、のんびりゲーマーです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. TVアニメ開始の『天穂のサクナヒメ』がお買い得!『ブリガンダイン』『すばせか』など最大70%OFFで販売中【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    TVアニメ開始の『天穂のサクナヒメ』がお買い得!『ブリガンダイン』『すばせか』など最大70%OFFで販売中【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  2. 2月発売の『スースク』が早くも無料配布!Prime Gamingプライムデーイベント限定配信タイトル発表

    2月発売の『スースク』が早くも無料配布!Prime Gamingプライムデーイベント限定配信タイトル発表

  3. Steamサマーセール2024終了までもう間もなく!買い逃し・買い忘れはない?

    Steamサマーセール2024終了までもう間もなく!買い逃し・買い忘れはない?

  4. “非常に好評“のコイン落とし、当時のスタッフが低評価レビュアーに暴言で反発。開発元は謝罪と改善を約束

  5. 『フォールアウト』か『ウルティマ』に関わることも選択肢の1つだった…『バルダーズ・ゲート3』開発元CEOが語る

  6. 【PC版無料配布開始】日本語対応のデッキ構築型ターン制ストラテジー『フロッピー・ナイト』Epic Gamesストアにて

  7. 韓国ゲーム企業では歴代最高額を調達!『Stellar Blade』『メガニケ』のSHIFT UPが韓国株式市場に上場―収益はポートフォリオの多様化へ利用予定

  8. 「株式会社パルワールドエンタテインメント」設立!『パルワールド』の国内外ライセンスを推進、ソニーミュージック、アニプレックス、ポケットペアが協業でグッズなど展開

  9. EA日本支社長、自社製品の不適切な利用や違法コンテンツに対する報告の協力を呼び掛ける―「○○キャバクラ」対策か

  10. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

アクセスランキングをもっと見る

page top