Team17のNFT市場参入に開発パートナー企業が猛反対―ファンにも広がる拒否感 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Team17のNFT市場参入に開発パートナー企業が猛反対―ファンにも広がる拒否感

ゲーム業界でNFT計画が非難を浴びるのは今回が初めてではありません。

ニュース ゲーム業界
Team17のNFT市場参入に開発パートナー企業が猛反対―ファンにも広がる拒否感
  • Team17のNFT市場参入に開発パートナー企業が猛反対―ファンにも広がる拒否感

アクションストラテジー『Worms』シリーズで知られるパブリッシャーTeam17のNFT市場参入に対して、パートナー企業やファンから強い批判の声があがっています。

Team17は1月31日『Worms』のコレクション可能なデジタルアート作品を制作、NFTのパートナーであるReality Gaming Groupを通じて販売すると発表しました。しかし、Team17内部でもこのプロジェクトについて知らされておらず、NFTとの提携に反対した社員もいたようです。

反発はこれにとどまらず2月1日、インディーズデベロッパーのAggro Crab GamesがSNS上で強い声明を出しました。Aggro Crabは2020年に『Going Under』をTeam17と共同制作した開発元で「この決定が覆されない限り今後のタイトル制作に協力することはありませんし、他のインディー開発者にも同じことをするように勧めています。」とし、「私はTeam17が嫌いだ」と創業者のNick KamanとクリエイティブディレクターのCaelan Pollockが表明しています。

またNFTアート販売発表当初に、収益の一部をNFTのサステナビリティ企業「Coin 4 Planet」による「ミミズを使って生ゴミを処理する“worm beds”」のアイディアに投資するパートナーシップも発表していました。市販の肥料よりもクリーンで環境に優しい結果が得られるという主張に対してもAggro Crab Gamesは「私たちはNFTが環境に優しく、有用であるはずがなく、本当にすべてただFxxxxxな贈り物であると確信しています」と強い口調で非難しています。

この声明に一般ユーザーも反応しハッシュタグ「TeamNoNFT」をつけ拒否感を表明。Team17はSNS上での否定的な反応を受け、『Worms』NFTアートの実売に踏み切るかどうかは未定としています。


《稲川ゆき》
稲川ゆき

プレイのお供は柿の種派 稲川ゆき

ゲームの楽しさに目覚めたのは25歳過ぎてからの超遅咲き。人やら都市やら、何でも育て上げるシミュレーション系をこよなく愛する、のんびりゲーマーです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  2. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  3. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  6. 「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  9. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  10. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

アクセスランキングをもっと見る

page top