『バイオハザード RE:3』全世界出荷本数500万本突破!高い評価で着実に売上を伸ばす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード RE:3』全世界出荷本数500万本突破!高い評価で着実に売上を伸ばす

デジタル販売戦略推進も影響。

ニュース ゲーム業界
『バイオハザード RE:3』全世界出荷本数500万本突破!高い評価で着実に売上を伸ばす
  • 『バイオハザード RE:3』全世界出荷本数500万本突破!高い評価で着実に売上を伸ばす
  • 『バイオハザード RE:3』全世界出荷本数500万本突破!高い評価で着実に売上を伸ばす

カプコンは、サバイバルホラーリメイク作『バイオハザード RE:3』の全世界での出荷本数が500万本を突破したことを報告しました。

本作は1999年にPlayStation向けで、その後Windowsやドリームキャスト、ゲームキューブなどにも発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイク作。ストーリーや設定にアレンジを加えつつ、「RE ENGINE」などの技術を利用して美しく蘇った作品です。

海外レビュー集積サイト・Metacriticでは77点~84点のスコアを獲得し、東京ゲームショウ2021 オンライン内発表の「日本ゲーム大賞2021」にて年間作品部門「優秀賞」を受賞するなど高い評価を得たほか、継続的な価格施策やPCデジタル版販売戦略の推進などにより、出荷本数500万本を達成したとのことです。

『バイオハザード RE:3』は、PC(Steam)/PS4/Xbox One向けに発売中です。


《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  2. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  3. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

    『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  4. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  5. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  6. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  7. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  8. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  9. 米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題

  10. カバーを飾るのは大谷翔平! SIE開発『MLB The Show 22』はPS/Xboxに加えてスイッチでも発売

アクセスランキングをもっと見る

page top