お手を触れないでください…VRアプリ『Horizon Worlds』『Horizon Venues』に個人境界線が実装 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

お手を触れないでください…VRアプリ『Horizon Worlds』『Horizon Venues』に個人境界線が実装

アバターとはいえ相手は生身の人間、適切な距離感で交流をしたいものです。

ゲーム機 VR
お手を触れないでください…VRアプリ『Horizon Worlds』『Horizon Venues』に個人境界線が実装
  • お手を触れないでください…VRアプリ『Horizon Worlds』『Horizon Venues』に個人境界線が実装
  • お手を触れないでください…VRアプリ『Horizon Worlds』『Horizon Venues』に個人境界線が実装

Meta社は、自らが手掛けるメタバース『Horizon Worlds』と『Horizon Venues』に「個人境界線」を導入したことを自社ウェブサイトにて発表しました

この新機能はメタバース内において、ユーザーの分身であるアバターの周囲に初期設定で2フィート(約0.6m)のパーソナルスペースを展開するというもので、既存のハラスメント対策である「自身の手が、他利用者のパーソナルスペース内に侵入した場合、その部分だけが表示されなくなる」という機能が強化された形になります。

これによりユーザー間には4フィート(約1.2m)の境界エリアが設けられたことになり、ハイタッチなどを行う際は腕をしっかりと伸ばす必要があります。

今後については、コミュニティからフィードバックを集めつつUIや操作性、効果範囲の設定などを検討していくとのこと。超音波によって触覚を感じられるデバイスが登場したりするなか、リアルとバーチャルの境界線をどこに設けるのか、新しい技術が形作る新しいコミュニティの行動規範に要注目です。


《麦秋》

お空の人。 麦秋

仕事であちこち渡り歩いては飛んでます。自分が提供するものが誰かのお役に立てれば幸い。編集部および他ライターさん達のこくまろなキャラに並べるよう頑張ります。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

    コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

  2. プロゲーマーの意見を反映!ラピッドトリガー対応75%サイズのゲーミングキーボード発売―競技シーンに強いハイクラス・ゲーミングデバイス「ELECOM GAMING V custom」シリーズ

    プロゲーマーの意見を反映!ラピッドトリガー対応75%サイズのゲーミングキーボード発売―競技シーンに強いハイクラス・ゲーミングデバイス「ELECOM GAMING V custom」シリーズ

  3. スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

    スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

  4. AIの力が対戦ゲームに嵐呼ぶ?MSIが『LoL』プレイ時に敵の出現予測位置を示す最新モニター発表―他作品にも学習で対応可能

  5. 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」初となるVRゲーム開発発表―VR対応ダンジョンTRPG『Demeo』のResolutionが手掛ける

  6. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  7. PSP用のHDMIコンバーター発売決定!テレビやPCモニターで懐かしの名作たちを楽しめる

  8. ドックでのSteam Deck利用が更に便利に!テレビ連動機能が強化されたSteamOS 3.6.0アップデートノート公開

  9. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  10. 本格農業シムをトラクターみたいなコントローラーで遊んでみない?ホリが『Farming Simulator』専用コンのモニターを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top