ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害

現実のルーブル暴落が背景に。

PC Windows
ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害
  • ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害
  • ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害
  • ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害
  • ロシアへの経済制裁で『Escape from Tarkov』の市場が崩壊―徹底したリアル追及の弊害

各国のロシアに対する経済制裁の後、サバイバルFPS『Escape from Tarkov』のゲーム内経済が崩壊しました。

本作はリアルな世界観と描写を売りにしたハードコアシューターであり、流動性のあるNPCや他プレイヤーとのアイテム取引も魅力のひとつです。アイテム取引に使われる通貨には「ルーブル」が採用され、現実の「ロシア・ルーブル」の市場価値と連動するという特徴がありました。しかしそのシステムゆえ、アメリカなどによる経済制裁の後、ゲーム内マーケットで一部アイテムの価値が暴落してしまったようです。

出典「「Tarkov Market」」

非公式ゲーム内マーケット統計サイト「Tarkov Market」によると、AKS-74UBを始めとしたルーブルで購入できる銃の市場価格が1週間で39%も下落。一方でRedditでもユーザーがゲーム内のルーブル安を報告しており、現実で起きたルーブルの暴落と連動していることが確認できます。

なお、本作では他にも現実の市場価格と連動する「ビットコイン」をゲーム内に導入しており、過去には現実で起きた価格高騰に伴うインフレも報告されていました



《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. リアルな自然が待ち受けるオープンワールド狩猟FPS『Way of the Hunter』現地時間8月16日リリース

    リアルな自然が待ち受けるオープンワールド狩猟FPS『Way of the Hunter』現地時間8月16日リリース

  2. 線香花火を眺めよう『オンライン線香花火』Steamでリリース―最大20人でプレイ可能

    線香花火を眺めよう『オンライン線香花火』Steamでリリース―最大20人でプレイ可能

  3. ファンタジークラフトサバイバルACT『Force of Nature 2: Ghost Keeper』オンライン4人協力プレイに対応!

    ファンタジークラフトサバイバルACT『Force of Nature 2: Ghost Keeper』オンライン4人協力プレイに対応!

  4. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  5. デッキ構築×タワーディフェンス『Shapebreaker』7月19日よりSteam早期アクセス開始―迫りくる図形に自慢のデッキで立ち向かおう

  6. 蟻地獄ストラテジー『Empires of the Undergrowth』大型アップデート「Fire Ant」7月27日リリース―沼地を舞台に2つのミッション導入

  7. 女子大生覗き見ADV『ノゾムキミノミライ』Steamストアページ公開!7月15日配信予定

  8. 『アラド戦記』原作の対戦格闘『DNF Duel』システムや対戦模様披露―国内向け公式放送で1時間30分に渡り

  9. 淫魔だって夏したい! 地獄ホラー『Succubus』に無料サマーアップデートや水着DLCが配信

  10. 販売本数400万本超え!Co-op採掘シューター『Deep Rock Galactic』―2021年300万本達成から1年かからず

アクセスランキングをもっと見る

page top