オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか

『Fallout 76』は今後5年間をカバーするロードマップを作成中であると明かしています。

PC Windows
オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか
  • オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか
  • オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか
  • オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか
  • オープンワールドサバイバル『Rust』開発元が『Fallout 76』新コンテンツ開発に参加―2022年後半にリリースか

オープンワールドサバイバルゲーム『Rust』の開発をFacepunch Studiosと共に手掛けているデベロッパーDouble Elevenは、自社公式サイトにて『Fallout 76』の新コンテンツ開発に携わることを明らかにしました

同社はイギリスに拠点を置くゲームデベロッパーで、『Rust』の共同開発のほか『Minecraft Dungeons』『Crackdown 3』『Prison Architect』『Limbo』といったタイトルに携わってきました。発表によるとDouble Elevenとベセスダ・ソフトワークスは2020年後半から協議を始めていたようで、2022年後半に情熱的な同作のファンたちが楽しめる新コンテンツをリリースできるよう開発を進めてきたといいます。

Double ElevenのCEOであるリー・ハッチンソン氏は「ゲーム史上最も象徴的なフランチャイズの1つを任されることは光栄です。同作に取り組むため集まったチームはこのシリーズにとても情熱的で、ベセスダと仕事をするのは夢のようです。」とコメント。また、今後さらに多くのコンテンツを開発予定だと明かし、スタッフの求人情報をチェックするように求めました。

3年後、5年後のロードマップの計画も立てられている『Fallout 76』は、PC(Steam/Bethesda.net)/PS4/Xbox One向けに配信中です。



《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  2. SFオープンワールドRPG『幻塔』Steamページ公開!アニメ調キャラで描かれるサイバーパンク風世界

    SFオープンワールドRPG『幻塔』Steamページ公開!アニメ調キャラで描かれるサイバーパンク風世界

  3. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

    圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  4. 人気漫画「五等分の花嫁」の世界を主人公の目線で体験!公式VRアドベンチャー2022年夏リリース

  5. 『Skryim』“真の美しい”ドラゴンと間近で戦闘可能なMOD登場―16K解像度で描写

  6. 対応ハードは最新機&PCのみか?『スカル アンド ボーンズ』が米レーティングESRBの審査を通過

  7. あの“ド派手っぷり”を完全再現!『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』追加キャラ「宇髄天元」7月配信決定

  8. 『LOST ARK』が『ウィッチャー3』とのコラボ発表!新クラス「Aeromancer」の披露も

  9. イカダサバイバル『Raft』同接プレイヤー数10万人突破!正式リリースに加えサマーセールが後押しか

  10. 新たな敵・マップ、ストーリーの最終章…新コンテンツ盛りだくさんで漂流サバイバル『Raft』ついに正式リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top