『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに

現在、約70にも及ぶ職種のスタッフが募集中です。

ニュース ゲーム業界
『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに
  • 『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに
  • 『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに

Dying Light』開発で知られるTechlandは、未発表のAAA級オープンワールドアクションRPG開発スタッフの募集を開始しました。

TechlandのCEO・Paweł Marchewka氏によると、同社最新作『ダイイングライト2 ステイヒューマン』を最低5年サポートしようと考える一方で、今までの経験を活かした全く新しいIP投入するという野望もあるとのこと。また、本作の舞台はファンタジーを想定しており、時期が来たら詳細を公開する意向が明かされました

今回はアートやアニメーションなど約70にも及ぶ方面のスタッフが募集されており、既に配置されているチームメンバーには『サイバーパンク2077』に携わったBartosz Ochman氏や、『Horizon Zero Dawn』のアニメーションリードを担当したKevin Quaid氏などが存在します。


【PS4】ダイイングライト2 ステイ ヒューマン
¥5,545
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【PS5】ダイイングライト2 ステイ ヒューマン
¥4,393
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

    『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

  2. 古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

    古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

  3. 『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

    『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

  4. 巨大ゲーム企業Embracer Groupに子会社売却の噂…『ボダラン』Gearbox Softwareや『STAR WARS: KOTOR』リメイクのSaber Interacitveが対象か

  5. 誹謗中傷のようなやり方で急かさないでと苦言―Modサポートまもなく情報公開の『バルダーズ・ゲート3』

  6. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  7. ハードコアなタクティカル脱出シューター『L.3.3.T.』発表! エイリアン技術で変貌した世界が舞台

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. アトラス新作RPG『メタファー:リファンタジオ』2024年秋リリース決定!【TGA2023】

  10. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

page top