「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

ファンからアナログスティック、スクリーン、外装、マザーボードまで。

ゲーム機 ハードウェア
「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開
  • 「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開
  • 「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

日本での発売が待たれる携帯ゲーミングPC「Steam Deck」ですが、Valveは本機の交換用パーツがiFixitにて購入できるようになったことを発表しました。パーツを交換する手順を紹介する修理ガイドもそれぞれ公開されています。

過去に公開された公式の分解映像

パーツはファンからアナログスティック、スクリーン、外装、マザーボードまで用意されていますが、先週末に誤って早期に販売してしまったこともあり一部パーツは売り切れ、あるいは残りわずかとなっています。iFixitのCEOであるKyleWiens氏は海外メディアThe Vergeの問い合わせに対し、予想以上の需要があったことを明かすとともに“在庫切れが長く続くことはない”と伝えたとのことです。

  • 冷却ファン / パーツのみ(24.99ドル)

  • 冷却ファン / 修理キット付き(29.99ドル)

  • (512GB) スクリーン / パーツのみ(94.99ドル)

  • (512GB) スクリーン / 修理キット付き(99.99ドル)

  • (64GB or 256GB) スクリーン / パーツのみ(64.99ドル)

  • (64GB or 256GB) スクリーン / 修理キット付き(69.99ドル)

  • 右アナログスティック / パーツのみ(19.99ドル)

  • 右アナログスティック / 修理キット付き(24.99ドル)

  • 左アナログスティック / パーツのみ(19.99ドル)

  • 左アナログスティック / 修理キット付き(24.99ドル)

  • アクションボタンゴム膜(4.99ドル)

  • 十字キーゴム膜(4.99ドル)

  • Steamボタンゴム膜(4.99ドル)

  • スピーカー(24.99ドル)

  • 左トリガーボタン(7.99ドル)

  • 右トリガーボタン(7.99ドル)

  • 左バンパーボタン(6.99ドル)

  • 右バンパーボタン(6.99ドル)

  • バックプレート(24.99ドル)

  • フロントプレート(24.99ドル)

  • マザーボード(349.99ドル)

  • 右ドーターボード(29.99ドル)

  • 左ドーターボード(34.99ドル)

  • バッテリー接着剤(4.99ドル)

  • スクリーン接着剤(4.99ドル)

  • ACアダプター(US)(24.99ドル)

  • ACアダプター(EU)(24.99ドル)

  • ACアダプター(UK)(24.99ドル)

各パーツを正規に入手して自分で修理できるのは、ハードコアユーザーには嬉しいのではないでしょうか。さらにコアなユーザーによる、独自カスタマイズも登場するかもしれません。


《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. DS再び!?任天堂が2画面の小型デバイス特許を新たに取得―分割しての2人プレイも可能

    DS再び!?任天堂が2画面の小型デバイス特許を新たに取得―分割しての2人プレイも可能

  2. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

    【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  3. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」N64にも対応するシステムソフトウェアv1.1.30がリリース!

    レトロゲーム互換機「POLYMEGA」N64にも対応するシステムソフトウェアv1.1.30がリリース!

  4. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  5. 去り行く「ILLUSION」に、『VRカノジョ』をプレイしながら敬礼! “とっておき”に触れた別れの夏

  6. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  7. PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

  8. PSP用のHDMIコンバーター発売決定!テレビやPCモニターで懐かしの名作たちを楽しめる

  9. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  10. NPCとのリアルタイム音声会話を可能にする「Smart NPCs」発表!AIを利用したUnreal Engine向けプラグイン

アクセスランキングをもっと見る

page top