「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

ファンからアナログスティック、スクリーン、外装、マザーボードまで。

ゲーム機 ハードウェア
「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開
  • 「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開
  • 「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

日本での発売が待たれる携帯ゲーミングPC「Steam Deck」ですが、Valveは本機の交換用パーツがiFixitにて購入できるようになったことを発表しました。パーツを交換する手順を紹介する修理ガイドもそれぞれ公開されています。

過去に公開された公式の分解映像

パーツはファンからアナログスティック、スクリーン、外装、マザーボードまで用意されていますが、先週末に誤って早期に販売してしまったこともあり一部パーツは売り切れ、あるいは残りわずかとなっています。iFixitのCEOであるKyleWiens氏は海外メディアThe Vergeの問い合わせに対し、予想以上の需要があったことを明かすとともに“在庫切れが長く続くことはない”と伝えたとのことです。

  • 冷却ファン / パーツのみ(24.99ドル)

  • 冷却ファン / 修理キット付き(29.99ドル)

  • (512GB) スクリーン / パーツのみ(94.99ドル)

  • (512GB) スクリーン / 修理キット付き(99.99ドル)

  • (64GB or 256GB) スクリーン / パーツのみ(64.99ドル)

  • (64GB or 256GB) スクリーン / 修理キット付き(69.99ドル)

  • 右アナログスティック / パーツのみ(19.99ドル)

  • 右アナログスティック / 修理キット付き(24.99ドル)

  • 左アナログスティック / パーツのみ(19.99ドル)

  • 左アナログスティック / 修理キット付き(24.99ドル)

  • アクションボタンゴム膜(4.99ドル)

  • 十字キーゴム膜(4.99ドル)

  • Steamボタンゴム膜(4.99ドル)

  • スピーカー(24.99ドル)

  • 左トリガーボタン(7.99ドル)

  • 右トリガーボタン(7.99ドル)

  • 左バンパーボタン(6.99ドル)

  • 右バンパーボタン(6.99ドル)

  • バックプレート(24.99ドル)

  • フロントプレート(24.99ドル)

  • マザーボード(349.99ドル)

  • 右ドーターボード(29.99ドル)

  • 左ドーターボード(34.99ドル)

  • バッテリー接着剤(4.99ドル)

  • スクリーン接着剤(4.99ドル)

  • ACアダプター(US)(24.99ドル)

  • ACアダプター(EU)(24.99ドル)

  • ACアダプター(UK)(24.99ドル)

各パーツを正規に入手して自分で修理できるのは、ハードコアユーザーには嬉しいのではないでしょうか。さらにコアなユーザーによる、独自カスタマイズも登場するかもしれません。



《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

    「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

  2. PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

    PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

  3. ビデオデッキに「ゲームボーイ ポケットカメラ」も…「Steam Deck」にレトロ機器を接続しようと競い合うユーザー達

    ビデオデッキに「ゲームボーイ ポケットカメラ」も…「Steam Deck」にレトロ機器を接続しようと競い合うユーザー達

  4. VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に

  5. 精神を汚染する「6x9独房」とは…スマホ向けVR体験アプリが無料配信中

  6. 軽量コンパクト・5Kヘッドセット「arpara VR」は革命起こすか!?6月発売直前、最新実機レビュー&販売情報をお届け

  7. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  8. VR警備室ホラー『Five Nights at Freddy's VR Help Wanted』に「非VRモード」が近日登場!

  9. 往年の傑作ハードに対応した『(GC/N64/SFC/NewFC用) HDMIコンバーター』発売

  10. Unreal Engine 4がリアルタイムレイトレーシングをサポート!あのストームトルーパーが技術デモに登場

アクセスランキングをもっと見る

page top