リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

6月2日(国内向け)にリニューアルを迎える「PS Plus」。新コースの「エクストラ」や「プレミアム」で遊べるPS5/PS4ソフトの中から、特にお勧めできるタイトルを独断でピックアップ! どのコースを選ぶか、その参考のひとつにどうぞ。

家庭用ゲーム PS5
リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本
  • リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)が、2010年から提供し続けている有料サービス「PlayStation Plus」(以下、PS Plus)。そのサービス内容は、対象タイトルのオンラインマルチプレイや、オンラインストレージへのセーブデータのバックアップなど、多岐にわたっています。

その中でも特に魅力的なコンテンツのひとつと言えば、やはり「フリープレイ」でしょう。これは、毎月新たなタイトルがラインナップに加わり、そのプレイ権利を獲得しておけば、サービス加入期間中いつでも遊べるという嬉しいサービスです。

こうした様々なサービスを提供する「PS Plus」が、6月2日(日本の場合)にリニューアルされ、その内容が拡大。従来のPS Plusと同様のサービスを提供する「エッセンシャル」、PS4やPS5の人気タイトルをダンロードしてプレイできる「エクストラ」、初代PS・PS2・PSP・PS3のタイトル(最大240本)も対象に含む「プレミアム」、この3つのコースが展開されます。

「エクストラ」は「エッセンシャル」の、「プレミアム」は「エクストラ」と「エッセンシャル」のサービスが内包され、提供料金も内容に応じて変化。そのため、オンラインプレイのみが目的ならば「エッセンシャル」を、色んなゲームを遊びたい場合は「エッセンシャル」や「プレミアム」を選ぶことで、自分のプレイスタイルに合わせて楽しむことが可能です。

まだサービスの全容が明かされていないので、現在「PS Plus」を利用中の方は、今後どのコースにするか迷っていることと思います。それぞれでかかる料金が異なるので、どのコースが最適とは一概に言えません。

ですが、「エクストラ」や「プレミアム」でプレイできるPS5/PS4タイトルのリストが先日発表され、そのラインナップが話題となりました。知名度が高いAAAタイトルも名を連ねており、高評価を博した作品も多数。未プレイならば遊んで損のないタイトルがずらりと並んでいます。

そこで今回は、実際のプレイ経験をもとに、特に満足度が高かったタイトルをピックアップしてお届け! ゲームの好みは相性があるので「万人が納得する」とまではいきませんが、一切の忖度なしで率直にお勧めできるタイトルを取り上げます。「エクストラ」や「プレミアム」の加入を考えている方は、ひとつの目安にしてみてください。

■高難易度アクションとゴシック・ホラーを融合させた『Bloodborne』

SIE(当時はソニー・コンピュータエンタテインメント)とフロム・ソフトウェアがタッグを組み、PS4の国内発売から約1年後に登場した『Bloodborne』。PS4の黎明期を盛り上げた立役者のひとりとして、記憶に刻んだ方も多いことでしょう。

フロム・ソフトウェアが長年かけて築き上げた高難易度アクションの要素を色濃く受け継いだ一方で、被ダメージ直後の反撃が成功すればHPが回復する「リゲイン」など、より攻撃的なゲームスタイルで新たな刺激を提供。同社の代表作『ダークソウル』シリーズとはまた一味違う世界観など、独自性に基づいた魅力も大きく評価されました。

ハードなアクション好きにとっては定番のひとつですが、本作が発売されたのは2015年3月。改めて振り返ると7年の月日が経っており、若いユーザーならば知らなくても無理はありません。

2022年のゲーム市場はまだ半分も経過していませんが、前半を代表する作品のひとつとして話題となり、世界的な大ヒットを遂げた『ELDEN RING』を開発したのも、このフロム・ソフトウェアです。

『ELDEN RING』はオープンワールド的なフィールド構成なので、この『Bloodborne』とプレイ感が異なる面もありますが、どちらも宮崎英高氏がディレクターを担当しており、系譜という意味でも通じる点は多々。『ELDEN RING』をクリアし、さらなる高難易度アクションを求める人は、「PS Plus」のリニューアルに合わせて『Bloodborne』に挑んでみてはいかがですか。

■ファンタジーとSFが交差する物語と、手応え溢れる“狩り”の醍醐味に心酔する『Horizon Zero Dawn』

高難易度アクションではなく、オープンワールド・アクションRPGを求めるなら、『Horizon Zero Dawn』をプレイ候補に入れるのもお勧めです。こちらは2017年2月に発売されており、約5年前の作品ですが、ゲーム性はもちろん描画についても古臭さはなく、令和に遊んでも遜色のない大作と言えます。

あくまで個人的な感想ではありますが、この太鼓判が押せるのは、筆者が2020年にプレイしたためです。ずっと気にはなっていたものの、プレイする時間がなかなか取れず、ようやく都合がついたのが約2年前でした。

ゲームライターという仕事柄もあり、またジャンル的に好みでもあるため、オープンワールドのゲームはたびたび遊んでいます。そうしたプレイ体験を通した上でも、『Horizon Zero Dawn』の世界は刺激的で、魅力に溢れていました。

敵として立ちはだかる機械獣は、無鉄砲につっこむと返り討ちに合う手強さがあり、しかし入念な準備や武器の長所を活かした立ち回り、一時的に時間の流れが遅くなるエイムなどを駆使すれば、“ちょうど歯ごたえのあるバランス”を実現してくれる絶妙な塩梅。バトル自体が楽しいオープンワールドゲームは、意外と貴重なので見逃せません。

また、本作の舞台は原始的な文明に近いものの、SF的な要素が盛り込まれており、物語面の訴求性もなかなかのもの。ネタバレになるので詳細は伏せますが、タイトルにある「Zero Dawn」が何なのかを知る旅は、記憶に残るひとときになること請け合いです。



《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

    『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

  2. 「PS5」の販売情報まとめ【7月2日】─「ヤマダデンキ」が抽選販売開始! 明日7月3日までなので要注意

    「PS5」の販売情報まとめ【7月2日】─「ヤマダデンキ」が抽選販売開始! 明日7月3日までなので要注意

  3. ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

    ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

  4. 今度は海だ楽しい合宿!『ハッピーダンガンロンパS』PS4/PC/スマホ版登場

  5. 【吉田輝和の絵日記】トンデモ翻訳で評価を落とした『グリードフォール』はアプデでどこまで改善された?

  6. 任天堂、定額制の「Nintendo Switch」修理保証サービス開始!自然故障から破損まで幅広く保証

  7. サバイバルホラー『Tormented Souls』日本語完全ローカライズのスイッチ版7月28日発売

  8. VTuber「湊あくあ」主演の純愛ノベルゲーム『あくありうむ。』スイッチパッケージ版の予約受付開始!特典内容の詳細も公開

  9. 旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

  10. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top