『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙

中国国内でのリリースが直前に延期された『ディアブロ イモータル』ですが、あれから2週間が経つも未だ大きな動きがありません。

アプリゲーム Android
『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙
  • 『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙
  • 『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙
  • 『ディアブロ イモータル』中国では依然として公開されず―2週間経つもいまだに続く沈黙

既に本メディアでもお伝えしているように、中国国内でのリリースが直前に延期された『ディアブロ イモータル』ですが、大きな動きがないまま既に2週間が経とうとしています。

課金周りなどで批判もされている『ディアブロ イモータル』ですがその人気には目を見張るものがあり、mobilegamer.bizによれば公開後の1ヶ月で1,000万ダウンロードを達成し、売上にすると4,900万ドルにも達するとしています。

中国の圧倒的な人口とそれに伴う潜在的なゲーム人口の多さを鑑みれば、リリースが遅れれば遅れるほどより大きな痛手となるのは言うまでもありません。

今回の公開延期に関して、ディアブロ イモータル公式アカウントが習近平国家主席に対する不適切な投稿を行ったことが原因とする一部報道もあり、これが事実であれば問題が複雑化するのは確実です。

redditの投稿によれば、「熊の辞任せざるは何故か」を意味する"熊怎么还不下台..."という投稿がディアブロ イモータル公式アカウントが行ったこと。また、投稿が"美国"すなわちアメリカから件の投稿が行われたこと、投稿はディアブロ イモータル公式アカウントにアクセスが可能なマーケティング部門の人間によるものといった情報が寄せられています

2019年には意図しない政治的揶揄の混入により販売中止となり、そのパブリッシャーも中国国内での営業免許の取り消しに至ったホラーゲーム『還願 DEVOTION』の先例もあることから、今後の動向が気になる話題ではあります。


Logicool G ロジクール G G333-BK ゲーミングイヤホン
¥5,900
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. モバイル版『Fallout Shelter』アップデートで実写版ドラマ「フォールアウト」関連のコンテンツ登場!

    モバイル版『Fallout Shelter』アップデートで実写版ドラマ「フォールアウト」関連のコンテンツ登場!

  2. Vault運営SLG続編『Fallout Shelter Online』iOS/Android向けに日本語対応/基本無料で配信開始!

    Vault運営SLG続編『Fallout Shelter Online』iOS/Android向けに日本語対応/基本無料で配信開始!

  3. 『Vampire Survivors』モバイル版リリースから1週間で100万以上のダウンロードを記録

    『Vampire Survivors』モバイル版リリースから1週間で100万以上のダウンロードを記録

  4. 『Hitman: Blood Money』リメイク『Hitman: Blood Money Reprisal』スイッチ/モバイル向けに発表!さまざまなシリーズの要素を取り入れ名作タイトル復活

  5. シリーズ新作『Wizardry Variants Daphne』クオリティアップのため配信延期へ―『ウィザードリィ』小説「ブレイド&バスタード」は重版報告

  6. 『デビルメイクライ』中国の開発スタジオが公式モバイル向けタイトルを発表ー海外メディア

  7. iPhone版『バイオハザード RE:4』App Storeで各国の価格が明らかに―Macでもプレイ可能ながら「高級すぎる」海外メディアの声も【UPDATE】

  8. 東京でプレイする『モンハンNow』はスゴイ?プレイヤーの密集具合が海外ユーザーの間で話題に―『モンハン』大国日本

  9. 【特集】世界遺産「ワルシャワ歴史地区」で『ポケモンGO』やってみた―あのバリヤードも!

  10. iPhoneでフェイシャルキャプチャーができるUnreal Engine公式の無料アプリ「Live Link Face」配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top