テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張

なお、テイクツーからは具体的な説明は得られていないとのことです。

ニュース ゲーム業界
テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張
  • テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張
  • テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張
  • テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張
  • テイクツーが『GTA』などのVR化Mod制作者に著作権侵害の通知―制作者側は公式アセット未使用を主張

LukeRoss氏は自身のPatreonページにて、テイクツー・インタラクティブ(テイクツー)から“公開中の同社関連ゲームのVR化Modを削除するよう要求された”ことを報告しました

LukeRoss氏は様々なゲームのVR化を専門としたModderであり、直近では『ELDEN RING』や『サイバーパンク2077』向けのものを開発しています。同氏の報告によると、テイクツーから著作権を侵害しているとして『グランド・セフト・オートV』『レッド・デッド・リデンプション2』『Mafia II: Definitive Edition』のVR化Modを、Patreonページから削除するように要求されたといいます。

彼は自身が配布しているModに関して“「同社のIPやアセット」は含まれていない”として、“ユーザーがゲームを所有していないと動作しない”ことを強調。「テイクツーが具体的に(Modの)どの素材が著作権を侵害していると考えているのか理解できない」といい、同社に説明を求めていることを明かしました。

また、LukeRoss氏は海外メディアKotakuに対し「(自身のModは)開発者・パブリッシャーにとっては売り上げの増加にしかならない上、ゲーマーにとっては普通の画面では出来ない体験を楽しめる可能性があるものだ」と語っています。

なおKotakuがPatreonの担当者とコンタクトを取ったところ、「既に請求者(テイクツー)に明確な情報を要求」しており、“当事者間のやり取りを促進するために尽力している”との回答を得ています。


ヴァルキリーエリュシオン [初回生産特典付き] -PS4
¥7,018
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
The DioField Chronicle -PS4
¥7,678
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

    (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  2. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  3. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

    『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  4. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  5. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  6. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  7. 米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題

  8. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  9. カバーを飾るのは大谷翔平! SIE開発『MLB The Show 22』はPS/Xboxに加えてスイッチでも発売

  10. 『ゼノブレイド3』「エキスパンション・パス」第一弾の内容公開!第二弾の“追加ヒーロー”もチラ見せ

アクセスランキングをもっと見る

page top