汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】

世の中にはインクを辺りに撒き散らすやんちゃな軟体少年がいるようですが、その影には本作の主人公のような仕事人が苦労しているのです。

連載・特集 プレイレポート
汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】
  • 汚れが吹き飛ぶ快感がたまらない!本格派高圧洗浄機シム『パワーウォッシュ シミュレーター』庭や火星、砂漠のSLの掃除でストレス解消【爆レポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。
今回は2022年7月15日に発売されたFuturLab開発のPC(Steam)向け高圧洗浄機シュミレーター『パワーウォッシュ シミュレーター(PowerWash Simulator)』を紹介します。

『パワーウォッシュ シミュレーター』とは

道にはゴミ一つ落ちておらず、街のガラスは汚れ一つなくピッカピカ。階段の手摺は顔の小じわまでわかるぐらいの光沢を放ち、床面には靴跡一つない「真に清浄なる」世界…なんていうのは映画の中のお話なわけで。

ここは埃っぽい街「マッキンガム」。色々公園とかもあっていい街なのですが、色々汚れが目立つのが玉に瑕。でも仕方がありませんよね、人いるところに汚れあり。汚れはすなわち繁栄の象徴なのですから。主人公はここでひと旗上げようと決めました。仕事はズバリ掃除人です。そして相棒となるのはこの高圧洗浄機。いろんな汚れを十把一絡げで片付けてくれる、まさに文明の利器ってやつです。

さぁさぁ、お仕事の時間ですよ。街にはキレイにしてくれる掃除人を呼ぶ声が、町のあちらこちらから聞こえます。そろそろ相棒片手に一仕事といきましょう。

『パワーウォッシュ シミュレーター』は本格派高圧洗浄機シュミレーターです。でも、機械任せとはいえとにかく水をかければいいというわけではありません。プロたるもの考ねばならぬことは山ほどあるのです。性能の異なる洗浄機に延長ノズルや先端ノズルをとっかえひっかえ交換して、それに汚れの種類と素材に応じた洗浄液の使い分けも大事ですよ。

ゲームモードは全4種類。地道に働くキャリアモードに、一風変わった内容の特別依頼。掃除人として実力をはかるチャレンジモード。そして自由さが売りのフリーモード。さらに、複数人でのマルチプレイにも対応で、協力して仕事に励むもよし。何もしない現場監督役をしてもらうもよし。色々遊べるゲームとなっています。

やることは簡単ですが、突き詰めれば奥が深い。お仕事とはそういうものです。ではプロの手際ってものをお客に見せつけましょう。

『パワーウォッシュ シミュレーター』の実内容に迫る!

では、ゲーム開始です。

PDAを模したメインメニュー、いいですね。自分、青色が好きなんですよ。それにUIの配置といいサイズといいしっかり練られた感がいいですね。何より日本語対応ってのも大きいですが、パッと見特におかしな部分もないですしこれは期待度大です。

ちなみに1度クリアしたキャリアモードは、2回目はセーブデータを消さない限りできないようです。一遍こっきりのこれぞまさに人生ってやつですね。代わりに繰り返して遊ぶのはフリープレイとなります。ちなみにこのモードでもゲーム内通貨を獲得できますよ。いきなりお客さん相手というのもアレですから、まずは練習を兼ねたお仕事といきましょう。

友人がオークションでバンを手に入れてくれたそうです。やはり移動手段は大事ですよね。なにせこちらは業者ですから。ただ、なんか見た目が…その…うん。予算内にとは言ったけどね。

ロード画面は操作方法のTIPとなっています。文字にするとややこしそうですが、まぁ大丈夫でしょう。

で、問題のバンがこちら。近くで見ると改めて凄さが…。これ、本当にオークション品でしょうか?実はどっかで拾ってきたんじゃない?ドア開けたら前の持ち主(白骨化)とご対面とか、シートに座ったら「グジュ」ってお尻濡れるのイヤだからね?

通常画面のUIは四方に各種情報が、画面中央にレティクルと一般的なFPSスタイルです。高圧洗浄機は先端部の交換によって散布範囲が変わるので、レティクルも一定の幅を持った形となります。まるでショットガンみたいですね。ノズルを変えるとレティクルの幅も変わります。ついでに上下と左右で角度も変更できます。

それとレティクル付近と画面左上、汚れに関する情報は注意したほうがいいです。 “何の汚れ”が “どんな素材”についているかによって、後ほど話す洗浄液の選択に関わってくるのです。

画面左下は使用中の洗浄機の機種とノズルの種類、あと洗浄液といった情報となっています。機種によっては基礎的な洗浄力が向上しますし、ノズルは水勢と噴射角、それと延長ノズルなんてものもあります。そして洗浄液。汚れの種類と汚れている素材の組み合わせに応じて、より効果的なものを選ぶとGOODです。あとは立ち・膝立・伏せといった姿勢表示と所持金表示です。

軽く掃除してやるとこんな感じになります。「御覧ください、あんなに汚かったのがこんなにキレイに!」とどこぞの通販にありそうなビフォーアフターです。水をかけた部分の濡れ表現とそれが乾いていく様子、それにかける部分に応じた音の違いなど細かい部分のこだわりが、高圧洗浄機の独特な快感を引き出してくれます。

「おいらは~洗うぜ~フフフンフ~ン♪」
え?細かいところが雑だって!?父親みたいなこと言う人はキライです。そもそも筆者はお掃除ってのは大嫌いなんですよ!!ほら、「直ちに健康に問題はない。」って言いますしね。個人的には「ああ、もうホントに。こんなに散らかして!」なんて言いながら片付けてくれる、そんな可愛い幼なじみとか妖精さんとかいてくれればいいのですが…。
…あんまりしつこいとこの水かけますよ!?

反対側とか天井とか、あとサイドミラーもお忘れなく。タイヤとかの隙間も伏せたりしながら綺麗にして。はい、終わり!各ステージの終わりには掃除の様子のダイジェスト動画も流れたりして、なかなか面白い見せ方をしてくれます。

次のステージからはいよいよ本格的なお仕事の開始です。お客さんから庭の掃除を依頼されました。木製のフェンスや庭の石、犬小屋からクッキンググリルまで、置いてあるもの全てに思う存分水をぶっかけてやればいいのです。見敵必殺、いかなる汚れも生かしては返さない。これぞプロの心意気です。

キャリアモードではこのような至って普通の内容となりますが、特別依頼だと少し雰囲気が違います。「掃除人、火星に立つ」なんてね。さすが火星です、見渡す限りの赤い大地。土と砂と…え?粘液?それにこの謎の足跡は一体…。砂漠のSLの掃除なんてのもありますし、掃除人は引く手あまたの人材ですね。

とまぁ軽く紹介した『パワーウォッシュ シミュレーター』ですが、一般的なFPSスタイルで高圧洗浄機を楽しめるこのゲーム。ヘッドショットとかマルチキルなんてものはありませんが、高圧洗浄機独特のきれいに汚れが吹き飛ぶ快感がたまらないです。あと、マルチプレイで友人知人とワイワイと楽しむのもいいと思います。

タイトル:パワーウォッシュ シミュレーター
対応機種:PC(Steam/Microsoft Store)/Xbox One/Xbox Series X|S
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2022年7月15日
記事執筆時の著者プレイ時間:1時間
価格:2,970円



《K.K.》
K.K.

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top