米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題

7月にローンチされたGameStop NFTでは「9・11テロ」の象徴的な写真を元にした画像も問題視され、削除されていました。

ニュース ゲーム業界
米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題
  • 米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題
  • 米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題

米大手ゲーム小売店GameStopが7月にベータ版としてローンチしたNFTマーケットプレイス「GameStop NFT」において、複数のインディーゲームが無許可でNFT化して販売されていたと海外メディアars TECHNICAなどが報じています。

GameStop NFT」は現地時間7月11日にベータ版としてローンチ。しかしその2週間後には販売されている「Falling Man」と題されたNFTアート作品が「9・11テロ」の象徴的な写真とそっくりであることが問題視され、最終的にはGameStopによって利用規約違反としてマーケットプレイスから削除されていました。

その様に物議を醸していた「GameStop NFT」ですが、今度は無許可のインディーゲームの存在が指摘されました。海外メディアars TECHNICAによると、「NiFTy Arcade collection」として販売された複数のインディーゲームはマーケットプレイスやウォレット上で実際にプレイすることも可能なインタラクティブなNFTでしたが、それらはゲーム制作者の許可を取ることなくNFT化および販売がされていたようです。

「NiFTy Arcade collection」の作成者Nathan Ello氏は、一次流通で8.4ETH(約196万円)を稼いだという同NFTにおいて販売前に許可を求めていないことを認めています。オリジナルのインディーゲームの内で少なくとも2作品(『Worm Nom Nom』『Super Disc Box』)は商用利用を禁止すると明示されていたほか、使われているエンジン「PICO-8」の作成者もゲーム制作者の許可が必要だとして非難しています。

「NiFTy Arcade collection」は既に同マーケットプレイス上からは削除されEllo氏のアカウントも凍結されましたが、一度市場に流れたものは他のマーケットプレイスで取引できる可能性があることや、ゲーム自体もプレイ可能な状態でサーバー上に残るということは上記のars TECHNICAのほかPC GamerKotakuでも指摘されています。Ello氏はこうした反発を受けて一次流通で得た収益の100%をオリジナルのインディーゲームの制作者へ提供すると申し出ていますが、事後的な対応に対してゲーム制作者の中には不満もあるようです。

《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

    (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  2. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

    “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  3. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

    大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  4. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  5. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  6. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  7. 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

  8. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  9. ケイブが『東方Project』の“新規ゲーム”開発を発表!名作STG『怒首領蜂』などで知られるメーカー

  10. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

アクセスランキングをもっと見る

page top