『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中

メタバースの時代はすぐそこまで来ているのかもしれません。

ニュース ゲーム業界
『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中
  • 『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中
  • 『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中
  • 『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中

Robloxは、第2四半期の収益報告の中で、最も急速に成長しているユーザーが17~24歳であることを明らかにしました。

もともと子供が他の子供向けのゲームを開発するためのプラットフォームとして開発された同作でしたが、企業がメタバースの可能性について声を上げ始めるとともに、あらゆる年齢層の人々が仮想世界に集まるためのプラットフォームになり得るとして注目された事や、昨今の自宅待機傾向の影響により大人世代にもそのシェアを広げ、アメリカ、カナダにおける17歳から24歳の男性からの合計収益が同地域の9歳から12歳男性からの合計収益よりも多く、過去最大であったことを報告しています。また、アメリカ、カナダにおける17~24歳の男性デイリーアクティブユーザーが36%、プレイ時間は49%も増加していることも示されています。

今年2月に発表された2021年第4四半期の財務報告では、初めて13歳以上のユーザーが50%を超え、さらに2021年11月の投資家向けイベントにおいてはユーザーの30%が17歳以上であり14%以上が25歳以上であることも明らかにしていました。また、同作におけるゲームタイプについても開発者の28%が10代半ばから後半をターゲットとしており、1年前の10%から大きく増加していることも示しています。

ここ数年、同社はブランド パートナーシップを通じて大人の利用者を呼び込んでいました。これまでに「グッチ」や「現代自動車」「Tommy Hilfiger」などの大人向けの購買層を持つ有名ブランドが『Roblox』に参加しています。

また、ラッパーのデンゼル・カリーによる音楽パフォーマンス等が催された 最近のGuacathonなどのコンサートも、大人の利用者を引き付けています。

『Roblox』をプレイして育った子供たちは、同作をSNSとして利用し続ける傾向にあり、高校から大学、社会人になっても、友人と集まり、自分自身を表現する場として愛されている様です。

今回の発表では収益の低下も発表され、これに伴い株価も17%の下落となりましたが、より購買能力の高い大人のユーザー層の増加は収益の増加にも繋がっていくのではないでしょうか。


《焦生肉》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

    体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  2. ロボット世界が舞台のローグライクハクスラ『Oblivion Override』発表!

    ロボット世界が舞台のローグライクハクスラ『Oblivion Override』発表!

  3. 身体が闘争を求め始めた…!『アーマード・コア4』より完成品アクションフィギュア「シュープリス」発売決定

    身体が闘争を求め始めた…!『アーマード・コア4』より完成品アクションフィギュア「シュープリス」発売決定

  4. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  5. 元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも

  6. 独自のガジェットを制作できるサンドボックス工作シム『Retro Gadgets』発表!

  7. SNK筆頭株主のムハンマド皇太子がサウジアラビア首相に就任―任天堂、カプコン、スクエニなどの株も保有

  8. 鉄道輸送で異世界の産業コロニーを管理する経営シム『RAILGRADE』日本語対応で配信開始!

  9. フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

  10. バンダイナムコエンターテインメントがAIを活用したライブ配信・実況「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

アクセスランキングをもっと見る

page top