失敗したら足元の水にボチャン!過酷すぎる罰ゲーム付き『Jump King』をプレイするストリーマー現る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

失敗したら足元の水にボチャン!過酷すぎる罰ゲーム付き『Jump King』をプレイするストリーマー現る

ダンクされながらも挑戦を続ける、その名も“DUNK KING”。

ゲーム文化 カルチャー
失敗したら足元の水にボチャン!過酷すぎる罰ゲーム付き『Jump King』をプレイするストリーマー現る
  • 失敗したら足元の水にボチャン!過酷すぎる罰ゲーム付き『Jump King』をプレイするストリーマー現る
  • 失敗したら足元の水にボチャン!過酷すぎる罰ゲーム付き『Jump King』をプレイするストリーマー現る

海外ストリーマーのKeatDawg氏は、高難度アクションゲーム『Jump King』で「失敗すると足元の水槽に落ちる」という罰ゲームを用意したユニークなゲームプレイ“DUNK KING”を自身のTwitchチャンネルにて行っています。

『Jump King』は、ジャンプ操作で何度も何度も失敗を繰り返しながら、ひたすらにステージを進んでいく超高難度プラットフォーマー。ストリーマーにも人気のこの作品で、KeatDawg氏が過酷すぎる罰ゲーム付きの配信を始めたのは2022年8月初旬のことでした。

配信のために用意されたのは、チェアと木製のフレーム、そこに電子装置が組み込まれたなんともハンドメイド感あふれる装置。ゲーム内で失敗すると座席部分が傾き、足元に用意された巨大な水槽にKeatDawg氏が飛び込むという仕掛けになっています。8月に開始した最初の挑戦ではクリアまで合計225回の“ダンク”を披露しています。

現在の装置。

非常にユニークな配信の“DUNK KING”ですが、これまで「ダンク時に誤ってヘッドセットが水没して故障する」などのトラブルも。9月からは“DUNK KING SECOND SAGA”として新たな配信を開始。9月30日までの配信で345回“ダンク”されていますが、今後も挑戦は続いていきます。

ヘッドセット水没事故

KeatDawg氏の配信はTwitchにて行われています。落下後に人力で装置を再セットアップしているのがなんとも楽しい配信です。


《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 嗚呼…『FF14』の「エルピスの花」が… フラワーライトの「葉っぱが折れている」という問題多発でスクエニが交換対応実施

    嗚呼…『FF14』の「エルピスの花」が… フラワーライトの「葉っぱが折れている」という問題多発でスクエニが交換対応実施

  2. 「にじさんじ」と「ホロライブ」が連携―VTuberを誹謗中傷から守る共同声明を発表

    「にじさんじ」と「ホロライブ」が連携―VTuberを誹謗中傷から守る共同声明を発表

  3. 『デモンズソウル』眼下に広がるボーレタリアの城下町を歩く一風変わったModが登場

    『デモンズソウル』眼下に広がるボーレタリアの城下町を歩く一風変わったModが登場

  4. 小島秀夫監督、オスカー受賞を“博物館で体験”……「嘘から出た実」に期待の声も

  5. 収録ボイスは9,000行以上!DLC級の規模な『スカイリム』大型Mod「Warden of the Coast」リリース

  6. 【G-STAR 2022】公式コスプレイヤー撮影会に振り切った『NIKKE』が大盛況!アリス、ラピ、ネオン、プリムら揃い踏み【写真69枚】

  7. アメコミを邦訳出版していたヴィレッジブックスが出版事業終了へ―アメコミゲームの原作がより触れづらくなりそう?

  8. 【G-STAR 2022】『NIKKE』アリスの公式コスプレイヤーの笑顔が最高に愛らしい【写真18枚】

  9. 世界初!? 12月11日メタバースで本格VRボクシング大会を観戦しよう!

  10. 『R-TYPE FINAL 2』PLUM1/100「R-9Aアロー・ヘッド」レビュー!フォースと合体したR-9Aはボリューム満点だった【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top