マスターチーフのような義手をもっと子供たちに!『Halo』開発元が義肢を提供する団体とのパートナーシップを拡大 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マスターチーフのような義手をもっと子供たちに!『Halo』開発元が義肢を提供する団体とのパートナーシップを拡大

他の作品になりますが、同団体は『LoL』仕様の義手も提供しています。

ゲーム文化 その他
マスターチーフのような義手をもっと子供たちに!『Halo』開発元が義肢を提供する団体とのパートナーシップを拡大
  • マスターチーフのような義手をもっと子供たちに!『Halo』開発元が義肢を提供する団体とのパートナーシップを拡大
  • マスターチーフのような義手をもっと子供たちに!『Halo』開発元が義肢を提供する団体とのパートナーシップを拡大

343 Industriesは、手足を失った子供向けに義肢を提供している非営利団体「Limbitless Solutions」とのパートナーシップを拡大すると発表しました

Limbitless Solutionsはセントラルフロリダ大学に拠点を置く非営利団体で、2014年に学生グループとして活動が始まりました。両者は2018年から提携しており、これまでにもHalo仕様の義手などを提供してきました。

今回のパートナーシップ拡大によって、『Halo Infinite』のマスターチーフをモチーフにしたものと、『Halo:Reach』に登場する「Catherine-B320」通称Katをモチーフにしたものがラインナップに追加されます。Katは任務中に片腕を失ったため義手を装着しているキャラクターでもあり、勇気と粘り強さを示す存在だとしています。

Limbitless Solutionsは現地時間10月20日から23日までシアトルで開催される「Halo World Championship」にて、トレーニング用のビデオゲームを通じて義肢を制御する技術のデモンストレーションを行い、『Halo』のコンテンツクリエイターは寄付の呼びかけをするとのことです。


Halo Infinite - Xbox Series
¥6,209
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

    なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  2. 懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

    懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

  3. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

    ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  4. サッカーゲームをただひたすらに3日以上プレイし続け…ナイジェリア人男性「サッカーゲームマラソン」のギネス記録を更新

  5. 小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

  6. 日本の神話や民話を題材にした和風メトロイドヴァニア『ボウと月夜の碧い花』配信開始!

  7. 男が絶滅した世界で行方不明の恋人を探すセクシーアクション『XX Delicto』発表!

  8. 塹壕も掘れる! 最大200人参加の第一次世界大戦シューター『Over The Top: WWI』ゲームプレイトレイラー!

  9. eスポーツ試合結果を約80%の精度で予測可能―世界初!対戦直前の脳波から勝敗と強く関わるパターンをNTTが発見・実証

  10. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

アクセスランキングをもっと見る

page top