コジマプロダクション次回作には忽那汐里さんが出演か?公式サイトで画像が発見される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コジマプロダクション次回作には忽那汐里さんが出演か?公式サイトで画像が発見される

以前にはエル・ファニングさんの画像が投稿されていました。

ニュース ゲーム業界
コジマプロダクション次回作には忽那汐里さんが出演か?公式サイトで画像が発見される
  • コジマプロダクション次回作には忽那汐里さんが出演か?公式サイトで画像が発見される
  • コジマプロダクション次回作には忽那汐里さんが出演か?公式サイトで画像が発見される

コジマプロダクションの公式サイト内に忽那汐里さんの画像が、海外メディアInsider Gamingによって発見されました。

同社の新作については、「WHO」としてアメリカの女優エル・ファニングさんの画像が公開され、さらなるシルエットの画像として「WHERE」が10月5日に公開。10月31日には「「WHERE」から「HOW」へ。」として新たな画像も公開されていました。

今回発見された公式サイト内のページでは2枚の画像が交互に表示され、その内の1枚には「WHERE AM I?」として忽那汐里さんが映っています。またもう1枚は「HOW COME?」というメッセージのみでこれまでの2枚と違って人のシルエットはありませんが、画像下には怪物のようなロゴも確認できます。

記事執筆時点で同社や小島秀夫監督からの公式発表はありません。


《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

    日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  2. 中裕司容疑者が金融商品取引法違反の疑いで再逮捕―新作ゲームの重要情報を元に約1億4470万円の株式買付の報道

    中裕司容疑者が金融商品取引法違反の疑いで再逮捕―新作ゲームの重要情報を元に約1億4470万円の株式買付の報道

  3. 「楽天」でニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、まさかの50%オフ!ただし3台限定、鬼畜を極めた“無理ゲー”状態に

    「楽天」でニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、まさかの50%オフ!ただし3台限定、鬼畜を極めた“無理ゲー”状態に

  4. 『CoD』が任天堂コンソールにも!10年のコミットメント締結をフィル・スペンサーが明かす

  5. 『サイバーパンク2077』マルチプレイヤーが見送られてきたのは本編改善優先の結果―発売後のチームの方針について開発者語る

  6. 女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

  7. 『The Callisto Protocol』XboxDL版が購入不可に―次々に閉ざされる購入経路

  8. “チャップリンのゲーム制作に関するライセンス”をカナダのゲームスタジオが取得

  9. アクションRPG『グリードフォール』など計8本が対象!PCゲーム定期便「Humble Choice」12月度ラインナップ配布開始【UPDATE】

  10. シリーズ初作『ドラゴンクエスト』に関する“お宝”仕様書公開―『トレジャーズ』発売を前に宝物庫からお蔵出し

アクセスランキングをもっと見る

page top