人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める

協力型のボードゲームに!100ドル以上の支援で入手可能。

ゲーム文化 クラウドファンディング
人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める
  • 人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める
  • 人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める
  • 人気のデッキ構築ローグライク『Slay the Spire』ボードゲーム版Kickstarter開始!すでに1億5,000万円以上の支援集める
プレイ動画

Mega Crit Gamesは、Contention Gamesと共同制作するボードゲーム版『Slay the Spire』のKickstarterを開始しました。

このボードゲーム版では、1人で遊ぶゲーム版とは異なり1~4人のプレイヤーが協力してデッキを構築しながら冒険します。1プレイあたり90分ほどかかるとのことです。

英語、フランス語、ドイツ語の3言語版が発売され、中国語(簡体字)および韓国語版も別のクラウドファンディングサービスで開始予定。日本への配送も対応していますが、残念ながら現時点で日本語版はありません。

Kickstarterでは100ドル(約14,835円)以上の支援でボードゲームを入手可能。145ドル(約21,510円)以上の支援ではプレイマットや金属のコイン、210ドル(31,152円)以上の支援ではベータ版アートやキャリーバッグといった特典が付属します。本記事執筆時点で、すでに約8,000人のバッカーから1億5,000万円以上の支援を受けており、目標金額である約740万を大幅に超えています。

ボードゲーム版『Slay the Spire』のKickstarterは現在支援を受付中です。


《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

    『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  2. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

    『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

  3. 盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

    盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

  4. 倒した敵を味方にできるPS2/GC風3DアクションRPG『Sword of the Necromancer: Revenant』Kickstarter開始!

  5. HD-2D風ピクセルアート武侠RPG『Wandering Sword』ゲームプレイトレイラー! デモ版も近日初公開

  6. 『FF14』「絶オメガ検証戦」不正ツール使用チーム所属メンバーが処罰を受ける―報酬や称号は全没収へ

  7. 渦中のメンバー“外部ツールの使用は事実”『FF14』界隈揺るがすレイドレース「ズームハック」―他上位勢はツールを使うはず、そこに対抗するためだった【UPDATE】

  8. キャラクター/アカウントの削除は“デジタル切腹”か― 『FF14』不正ツール騒動が生んだ新たなミーム

  9. クレカ不正利用し失踪した「父ノ背中」プロゲーマーが契約解除―代表曰く75万円の借金も「もういい」

  10. 『FF14』「絶オメガ検証戦」不正行為について吉田Pが公式コメント―「少なくとも僕は、当該チームをワールドファーストチームとは認めません」

アクセスランキングをもっと見る

page top