Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】

ごく普通の壁紙ソフト大人気の理由とは?

ニュース ゲーム業界
Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】

非公式データベースSteamDBによると、先日Steamの同時接続ユーザー数が過去最高の3,300万人を記録し、ゲームをプレイ中のユーザー数も1,000万人を超えました。

そんな大盛況なプラットフォームであるSteamですが、実際のところプレイされているゲームは何なのかを掘り下げていきます。

「最もプレイされたゲーム」において圧倒的な人気を誇るのは『Counter-Strike: Global Offensive』。基本無料のタイトルで、ここ数日ピーク時のプレイヤー数は約100万人と、Steam全体の1,000万人の内約1割を締めているValveの屋台骨です。続く『Dota 2』もピーク時60万から70万人ほどを記録しています。

他にも多くのプレイヤーを抱える『エーペックスレジェンズ』や『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』などはPCでもプラットフォームの選択肢がある上に、家庭用ゲーム機向けでもリリースされているので、Steam専売の『CS:GO』『Dota 2』がトップに君臨するのは当然かもしれません。

異色なところでは動く壁紙ソフト『Wallpaper Engine』も、リリースされてから徐々にプレイヤー数を増やしてきたアプリケーションです。こちらは直近ピーク時13万人ほどとなっており、これはランキングでは10位程度に位置します。

なお、『Wallpaper Engine』についてはネット上でアダルトコンテンツの規制が厳しい中国のユーザーたちが、ポルノなどを交換・共有する目的で使用しているケースが多いようです。実際にレビュー欄では中国語でのレビューの多さが目立っており、このユーザー数はこうした動きが影響を及ぼしていそうです。

Steamはプラットフォームとしてゲーマーの間にすっかり定着しました。現在の人口は根強い人気を誇る対戦ゲーが多くを占めており、それには各ユーザーのPC環境の充実、ボイスチャットソフトの進化などの影響がありそうです。

12月にはValveより「Steamハードウェア&ソフトウェア 調査」が発表されており、ユーザーの使用しているPCスペックや言語などの統計を確認できます。

※UPDATE(2023/1/10 20:55):『Wallpaper Engine』について補足情報を追記し、見出しを調整しました。


For Steam Deck ガラスフィルム 【旭硝子製】Steam Deck対応
¥1,199
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

    モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

  2. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  3. Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

    Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

  4. ベラルーシ政府が『World of Tanks』開発元の幹部を「テロ支援者」に認定…政治的な圧力によるものか

  5. 国内のPCゲームプレイ経験者は1千万人以上!「今後プレイしたい」という潜在ユーザー数も同程度存在するという調査結果が公開

  6. 2022年「ゲーム業界」関連記事ランキング!『真・女神転生』MMO訴訟、オランダのルートボックス規制法案など【年末年始特集】

  7. 『World of Tanks』開発のWargamingがロシアとベラルーシから完全撤退―この決定でかなりの損失を想定

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

  10. 『ロード オブ ザ フォールン』DLC第1弾「古代の迷宮」が配信決定―新武器・防具・ダンジョン・ボス追加

アクセスランキングをもっと見る

page top