Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】

ごく普通の壁紙ソフト大人気の理由とは?

ニュース ゲーム業界
Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】
  • Steam同接ゲームプレイヤー数1,000万人突破の内訳は?マルチ対戦ゲーが支える人口や人気アプリ『Wallpaper Engine』【UPDATE】

非公式データベースSteamDBによると、先日Steamの同時接続ユーザー数が過去最高の3,300万人を記録し、ゲームをプレイ中のユーザー数も1,000万人を超えました。

そんな大盛況なプラットフォームであるSteamですが、実際のところプレイされているゲームは何なのかを掘り下げていきます。

「最もプレイされたゲーム」において圧倒的な人気を誇るのは『Counter-Strike: Global Offensive』。基本無料のタイトルで、ここ数日ピーク時のプレイヤー数は約100万人と、Steam全体の1,000万人の内約1割を締めているValveの屋台骨です。続く『Dota 2』もピーク時60万から70万人ほどを記録しています。

他にも多くのプレイヤーを抱える『エーペックスレジェンズ』や『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』などはPCでもプラットフォームの選択肢がある上に、家庭用ゲーム機向けでもリリースされているので、Steam専売の『CS:GO』『Dota 2』がトップに君臨するのは当然かもしれません。

異色なところでは動く壁紙ソフト『Wallpaper Engine』も、リリースされてから徐々にプレイヤー数を増やしてきたアプリケーションです。こちらは直近ピーク時13万人ほどとなっており、これはランキングでは10位程度に位置します。

なお、『Wallpaper Engine』についてはネット上でアダルトコンテンツの規制が厳しい中国のユーザーたちが、ポルノなどを交換・共有する目的で使用しているケースが多いようです。実際にレビュー欄では中国語でのレビューの多さが目立っており、このユーザー数はこうした動きが影響を及ぼしていそうです。

Steamはプラットフォームとしてゲーマーの間にすっかり定着しました。現在の人口は根強い人気を誇る対戦ゲーが多くを占めており、それには各ユーザーのPC環境の充実、ボイスチャットソフトの進化などの影響がありそうです。

12月にはValveより「Steamハードウェア&ソフトウェア 調査」が発表されており、ユーザーの使用しているPCスペックや言語などの統計を確認できます。

※UPDATE(2023/1/10 20:55):『Wallpaper Engine』について補足情報を追記し、見出しを調整しました。


For Steam Deck ガラスフィルム 【旭硝子製】Steam Deck対応
¥1,199
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

    『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  2. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  3. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

    無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  4. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  5. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  6. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  7. 『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

  8. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  9. 『ヴァンガードプリンセス』著作権は誰のもの?海外版と『R』版、2つの販売元が互いの動画に著作権侵害の申し立て―原作者の意思はわからず

  10. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

アクセスランキングをもっと見る

page top