世界にたった一枚の遊戯王カード競売が終了―最終落札価格は驚異の4,200万円超え | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界にたった一枚の遊戯王カード競売が終了―最終落札価格は驚異の4,200万円超え

オークション最後の一日で約2,000万円ほどの競争が起きていた模様。

ゲーム文化 カルチャー
世界にたった一枚の遊戯王カード競売が終了―最終落札価格は驚異の4,200万円超え
  • 世界にたった一枚の遊戯王カード競売が終了―最終落札価格は驚異の4,200万円超え
  • 世界にたった一枚の遊戯王カード競売が終了―最終落札価格は驚異の4,200万円超え

世界にたった一枚しか存在しない「遊戯王」のカードがオークションに出品され、4月30日(日)に終了。最終落札価格は驚異の約4,237万円(約31万ドル)となりました。

「偉大なる戦士タイラー(Tyler the Great Warrior)」と名付けられたこのカードは、難病の子供たちを支援するボランティア団体の“メイク・ア・ウィッシュ”によって、KONAMI協力のもと2005年に作成されたものです。

カードのタイトルにもある当時14歳のだったタイラー・グレースル(Tyler Gressle)さんは、自身が家族を持つことや、国外に住む親族への訪問などを理由に、このカードにリスペクトを持つ人にカードを譲りたいという思いを持ち、ebayと協力し出品。開始1時間で1,000万円を超えるなど注目を集めました。

海外メディアによると、オークション終盤で約2,250万円の値がついていたものの、最後の一日で競争が激化したとのこと。最終的には42,376,225円(311,211ドル)で落札されました。


遊戯王OCGデュエルモンスターズ AGE OF OVERLORD
¥5,280
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
遊戯王OCGデュエルモンスターズ DUELIST NEXUS
¥3,739
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『サイバーパンク2077』では「十分に限界に挑めてはいなかった」―続編「Orion」ではよりリアルなディストピアで人間を描く

    『サイバーパンク2077』では「十分に限界に挑めてはいなかった」―続編「Orion」ではよりリアルなディストピアで人間を描く

  3. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  6. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  7. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  8. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

  9. 世界樹イグドラシルを育てる北欧神話ローグライクシティビルダー『Roots of Yggdrasil』9月正式リリース決定!

  10. 「時間通りで面白くないゲームより、遅れても面白いゲームの方が良い」―『Stardew Valley』開発者、新作『Haunted Chocolatier』の開発遅延について私見述べる

アクセスランキングをもっと見る

page top