自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開

カスタムラウンドを作成できるゲーム内のステージエディタ「Fall Guys クリエイティブ」が追加されます。

PC Windows
自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開
  • 自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開
  • 自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開
  • 自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開
  • 自分でラウンドを作れるようになった『Fall Guys』はまもなく―「シーズン4:クリエイティブの創造」トレイラーが公開

デベロッパーMediatonicは『Fall Guys: Ultimate Knockout』「シーズン4:クリエイティブの創造」の最新情報と、ステージエディタ「Fall Guys クリエイティブ」について、トレイラーを公開しました。

シーズン4では50以上のラウンドを追加予定で、全ラウンドを「Fall Guys クリエイティブ」で作成

トレイラーでは、「シーズン4:クリエイティブの創造」で50以上のラウンドを追加予定であることが告げられ、これらのラウンドが「Fall Guys クリエイティブ」で作成されることが明らかになっています。「Fall Guys クリエイティブ」は開発者だけでなく、プレイヤーも利用可能なステージエディタ。今後は、プレイヤーもラウンド制作を楽しむことができ、また配信できるようになります。トレイラー内では実際にMediatonicのスタッフがラウンドを制作する様子が見られ、制作のヒントになるのではないでしょうか。

シーズンパスが廃止され、名声利用パスに変更

「シーズン4:クリエイティブの創造」では、これまでのシーズンパスの代わりに名声利用パスが登場。これまでに比べて価格を抑えてプレイできるようになっています。名声利用パス1では、ゲームの進行に応じて獲得できる6種類コスチュームと、名声利用パスのメインステージをクリア後にアンロックされるボーナスのコスチュームやコスメティックアイテムが用意されています。

『Fall Guys』「シーズン4:クリエイティブの創造」は海外時間5月10日に配信予定です。


《HATA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 悲鳴を上げると更なる恐怖に見舞われる一人称視点ホラー『Supernatural』7月15日リリース!マイクを使いながらプレイ

    悲鳴を上げると更なる恐怖に見舞われる一人称視点ホラー『Supernatural』7月15日リリース!マイクを使いながらプレイ

  2. 原始時代に戦隊ヒーロー参戦!?『ARK: SURVIVAL ASCENDED』に『パワーレンジャー』コスメティックパック登場!

    原始時代に戦隊ヒーロー参戦!?『ARK: SURVIVAL ASCENDED』に『パワーレンジャー』コスメティックパック登場!

  3. 『ロマサガ2』がスイッチ/PS5/PS4/Steam向けにフルリメイク!新要素も加わった『ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン』発表【Nintendo Direct 2024.6.18】

    『ロマサガ2』がスイッチ/PS5/PS4/Steam向けにフルリメイク!新要素も加わった『ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン』発表【Nintendo Direct 2024.6.18】

  4. これは部活動ではない、戦争だ。SD女子高生ミリタリーSRPG『RED DAWN』Steamストアページが公開

  5. 製作時間はたった36時間!?『マインクラフト』でリアルな1:1スケールカンザスシティマップを作成するクリエイター現る

  6. コーエーテクモゲームスが『FAIRY TAIL2』を発表!アニメのクライマックス「アルバレス帝国編」を舞台に、ナツたち最後の冒険が描かれる【Nintendo Direct 2024.6.18】

  7. Steam『深夜のラーメン』7月24日リリース!『VA-11 Hall-A』『コーヒートーク』から着想を得たナラティブダイアログゲーム

  8. 惨劇のループから脱出を目指すサイコロジカルホラー『Homecoming』トレイラー!一家殺害事件の謎を追う

  9. 素敵なしゅうまつを!ポストアポカリプス世界をキャンピングカーで旅するドライブ生活シム『Nomad Drive』Steamストアページ公開

  10. 『Dear Esther』開発元の1人称シナリオホラー『Still Wakes the Deep』発売―リアルな石油掘削施設での“ディザスターストーリー”

アクセスランキングをもっと見る

page top