映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ついに「アナ雪」も抜いてアニメ史上3位の全世界興収に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ついに「アナ雪」も抜いてアニメ史上3位の全世界興収に

日本の洋画アニメ史上最速で興行収入100億円を突破したことも発表されていました。

ゲーム文化 カルチャー
映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ついに「アナ雪」も抜いてアニメ史上3位の全世界興収に
  • 映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ついに「アナ雪」も抜いてアニメ史上3位の全世界興収に
  • 映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ついに「アナ雪」も抜いてアニメ史上3位の全世界興収に

日本でも大ヒット上映中のアニメ映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ですが、全世界興行収入が「アナと雪の女王」を超えたと海外メディアGameSpotなどが報じています。

アニメ映画として歴代3位に到達

映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」の全世界興行収入は12億8,800万ドル(約1,796億円)に達したとのことで、これは「アナと雪の女王」を超えてアニメ映画として歴代3位になります。その上には「アナと雪の女王2」と「ライオン・キング」(ただし「ライオン・キング」はフルCG映画であるものの公式には超実写版とされている)があり、海外メディアColliderはひとつ上の順位の「アナと雪の女王2」を追い抜くにはある種の奇跡が必要と述べ、歴代アニメ映画のランキングはここが限界ではないかと推測しています。

日本の洋画アニメ史上最速で興行収入100億円突破

なお日本国内でも本作は好評を博しており、5月29日には国内公式Twitterアカウントが「日本の洋画アニメ史上最速で興行収入100億円突破」と報告していました。


映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」は全国の劇場で上映中です。


《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

    2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  2. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  3. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

    166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  4. 『StS』『マイクラ』にWindowsの『ピンボール』…毎日飽きずにプレイできるゲームは何ですか?

  5. 90年代3D格闘ACT『メタルフィスト』と日本未発売続編を収録した『Fighting Force Collection』発表!

  6. ニューラル・ネットワークがゴーストを制御する除霊Co-opホラー『Bureau of Contacts』早期アクセス開始!

  7. 初代PSのアニメ風アクションADV『Fear Effect』現世代機移植版が2025年発売決定!

  8. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  9. 『エルデンリング』原作のギャグ漫画が「DLC休載」へ…「皆さんと同じようにとても楽しみにしています」

  10. 「Nintendo Direct 2024.6.18」ピーク視聴者数が126万超え―「ゼルダ姫」主役の新作や約9年振り『マリオ&ルイージRPG』など意外な内容に

アクセスランキングをもっと見る

page top