自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表

Steam版ではVRM形式アバターのインポートも可能になり、実況機能も充実します。

ゲーム機 VR
自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表
  • 自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表
  • 自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表
  • 自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表

TechnologyCafeSingularityは、VRアクション『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』のSteam版を8月下旬にリリース予定であることを発表しました。

思うままの方法でゴブリンを倒せるVRアクション

Meta Quest/Quest 2版のトレイラー

本作はハック&スラッシュライクなVRアクション。見知らぬ森で目を覚ました主人公が、助けてくれた「くれりっくさん」をゴブリンから救い出すためにダンジョンへと挑むという内容。VR機器向けのゲームであり、Meta Quest/Quest 2向けにApp Labとして2023年1月にリリースされていました。

舞台となるダンジョンは自動生成で、収集できる武器も何十種類と用意されているため、何度も繰り返し楽しむことができます。また敵となるゴブリンとの戦闘は物理ベースのシステムとなっており、手にした武器で刺したり切ったり吹き飛ばしたりとできるだけでなく、素手で殴ったり掴んで投げたりということまで可能となっています。

Steam版ではアバターインポートや自動撮影モードも

SteamにてPC版としてリリースされるにあたり、本作は物理演算強化や敵の数増加などが実施予定とされています。またゲーム実況向けの機能も新たに予定されており、アバター(VRM形式)インポート機能、撮影用カメラでの撮影モードを備えるとのこと。さらに撮影モードでは映画撮影のような演出で自動撮影できるモードも用意されるとのことで、そちらではカメラ制御専用のAIを開発したとされています。


『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』はWindows(VR機器専用)向けにSteamにて8月下旬に発売予定です。

《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. “ウルトラハイスペック”なゲーミングノート「MSI Vector GP78 HX 13V」で『Cities: Skylines II』をプレイ。美麗シティービルダーをリッチな環境で体感

    “ウルトラハイスペック”なゲーミングノート「MSI Vector GP78 HX 13V」で『Cities: Skylines II』をプレイ。美麗シティービルダーをリッチな環境で体感

  2. 低コストな全身VR(フルトラ)システム「VIVEトラッカー(Ultimate) 」が発売

    低コストな全身VR(フルトラ)システム「VIVEトラッカー(Ultimate) 」が発売

  3. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

    Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  4. OLED版Steam Deck実機レビュー動画が有志より早速公開―LCD版との違いやアクセサリーの互換性など

  5. Xboxコントローラの純正修理パーツをマイクロソフトが販売開始。修理マニュアルや手引き動画も

  6. レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」懐かしのカラーを再現した限定クラシックエディション登場!

  7. 『Starfield』Steam Deck上での動作も期待できる?開発者は「ノー」とは言わず

  8. これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

  9. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  10. CD対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」2021年9月12日に発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top