新品よりもかなりお得?リファービッシュ版「Steam Deck」海外向け販売まもなく開始か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新品よりもかなりお得?リファービッシュ版「Steam Deck」海外向け販売まもなく開始か

日本向けにも展開してほしい!

ゲーム機 ハードウェア
新品よりもかなりお得?リファービッシュ版「Steam Deck」海外向け販売まもなく開始か
  • 新品よりもかなりお得?リファービッシュ版「Steam Deck」海外向け販売まもなく開始か

Valveの販売するポータブルゲーミングPC「Steam Deck」を修理、再生したリファービッシュ版が、GameStopなど海外で販売されます。

海外向けなものの、リファービッシュ版はお得な価格設定に!

2022年に発売され、その後も順調に普及率を伸ばしていったポータブルゲーミングPCであるSteam Deck。独自にカスタマイズされたOS「SteamOS」やWindows用に開発されたゲームを実行させる「Proton」などを搭載し、幅広いゲームが手軽に遊べる本製品ですが、その中でも返品や故障したものを修理・整備し、割安の価格で販売しているのがこのリファービッシュ版になります。

Steam上では海外向けに一時的に購入が可能な状態となっていたため、SteamDBにてそれぞれのモデルの値段を確認することが可能となっています。64GBモデルでは319ドル(通常399ドル)、256GBモデルは419ドル(通常529ドル)、512GBモデルでは519ドル(通常649ドル)と、かなりお得な価格設定となっています。

しかし、リファービッシュは日本では現在利用不可となっており、海外向けの販売であることはご注意ください。

日本でも展開されれば、4万円代から購入が可能に…!?

リファービッシュ版それぞれの価格を日本円に換算してみると、64GBモデルでは約46,000円、256GBモデルは約60,000円、最上位の512GBモデルでも約74,000円という価格設定になっています。

現時点では日本向けリファービッシュ版の販売情報は未発表ですが、もし同様の価格設定で展開された場合は、4万円代からSteam Deckを購入できることとなり、以前に開催されたSteam Deck本体のセールよりもお得な値段となります。

「ROG Ally」や「AYANEO AIR」新シリーズの登場など各社が動きを見せるポータブルゲーミングPC市場で、Steam Deckにさらなる追い風は吹くのでしょうか。

《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. お値段約8万円……!ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」に限定アルミニウムエディションが登場

    お値段約8万円……!ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」に限定アルミニウムエディションが登場

  2. VR版独自の異変も!『8番出口VR』Meta Questシリーズ向けにリリース

    VR版独自の異変も!『8番出口VR』Meta Questシリーズ向けにリリース

  3. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

    PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  4. Valve製じゃないのにSteamOS搭載!AYANEOの低価格帯新ポータブルPC「AYANEO NEXT LITE」発表

  5. いつでもどこでもSFCを美麗画面で!携帯型SFC互換機「IPS 16ビットポケットHD」発表―2024年9月下旬発売予定

  6. 健康のため喫Steam Deckはお控えください―「Steam Deck」排気の香りミームにValveも困惑しながら注意喚起

  7. 没入感マシマシ!?VRタルコフライクPvPvE『Ghosts of Tabor』早期アクセス開始―シビアなサバイバルが直感操作で楽しめる

  8. DS再び!?任天堂が2画面の小型デバイス特許を新たに取得―分割しての2人プレイも可能

  9. MSI逆襲のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」の実物がお披露目! 6年ぶり復活の18インチフラグシップモデルなど新作ゲーミングPCにも注目【新モデルプレビュー】

  10. 去り行く「ILLUSION」に、『VRカノジョ』をプレイしながら敬礼! “とっておき”に触れた別れの夏

アクセスランキングをもっと見る

page top