『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる

『ドラゴンクエストX オンライン』のプレイヤーも祈りを捧げていました。

ゲーム文化 カルチャー
『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる
  • 『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる
  • 『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる
  • 『ドラゴンボール ゼノバース2』では元気玉で鳥山明先生を追悼―海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる

ドラゴンボールアクション『ドラゴンボール ゼノバース2』にて、多くのプレイヤーが漫画家・鳥山明先生に敬意を表し、感謝を伝えています。

鳥山明先生を追悼

3月8日に訃報が伝えられた鳥山明先生は『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターデザインを担当していたことから、MMORPG『ドラゴンクエストX オンライン』のプレイヤー達がゲーム内で「いのる」しぐさで追悼していました。


またドラゴンボールの歴史を守るための戦いを体験するアクション『ドラゴンボール ゼノバース2』でもプレイヤー達が集まって追悼。ファンの想いを集めて届けようとするかのように「元気玉」のポーズをしています。

海外ゲームメディアもその功績に思いを馳せる

海外のゲームメディアもPC Gamerが「最も影響力のある漫画家の1人」、Rock Paper Shotgunが「ビデオゲームでは『クロノ・トリガー』と『ドラゴンクエスト』という最も影響力あるRPGでキャラクターデザインをし、ポップカルチャー全体で最も影響力あるシリーズ“ドラゴンボール”を手掛けた漫画家」と紹介して、その死を悼んでいます。

またKotakuでは2006年にXbox 360向けに発売された『ブルードラゴン』を紹介し、その功績に思いを馳せています。


《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 受賞歴が増えすぎるのも困りもの!?『バルダーズ・ゲート3』開発元CEO「次回作の開発に影響を及ぼしている」

    受賞歴が増えすぎるのも困りもの!?『バルダーズ・ゲート3』開発元CEO「次回作の開発に影響を及ぼしている」

  2. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

    ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  3. あなたには、思わず「一目惚れ」したゲームキャラクターはいますか?

    あなたには、思わず「一目惚れ」したゲームキャラクターはいますか?

  4. 【週刊トレハン】「PCEの『超兄貴』『愛・超兄貴』ニンテンドースイッチで復刻決定」2024年7月14日~7月20日の秘宝はこれだ!

  5. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  6. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  7. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  8. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  9. 没入感重視でUIのないホラー『Shadow of Pharos』がPC向けに無料配信―夜中に目を覚まし不気味な家を探索する短編作品

  10. 大型Mod「Fallout: London」ローンチ時点ではEpic Gamesストア版『Fallout 4』では使用できず

アクセスランキングをもっと見る

page top