海外レビューハイスコアゲーム 『Splinter Cell:Double Agent』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコアゲーム 『Splinter Cell:Double Agent』

この[b]Splinter Cell:Double Agent[/b]はスプリンターセルシリーズの中で「一番難しい」と言われています。それだけに歯応えがあり、シビアでハードなスニークアクションを楽しめる、と言えるものに仕上がっています。

ニュース 最新ニュース
●[b]Sydney Morning Herald: [size=medium]10.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Xbox360タイトルの中で一番素晴らしく、今年の注目作だ。

●[b]IGN: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―デザインが改良され、AIやメカニックが賢くなり、ストーリーラインはしっかりしたものになっている。

●[b]XboxAddict: [size=medium]9.4[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―これまでの完璧なステルスアクションゲームだったシリーズなので、ハイテク技術を駆使したスパイ活動に興味があるなら、文句なくお勧め。

●[b]GameTrailers: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―どんなスニークアクションファンにも受け入れられるような緊張感を、体験させてくれるゲームだ。

●[b]Xboxic: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このスゴイゲームを、私はすべてのスニークアクションファンに勧めたい。



海外版先行発売で、既にプレイした方もいらっしゃるかと思いますが、このSplinter Cell:Double Agentはスプリンターセルシリーズの中で「一番難しい」と言われています。それだけに歯応えがあり、シビアでハードなスニークアクションを楽しめる、と言えるものに仕上がっています。「あのゲームとどうしても比べてしまう・・」と悩んでおられる方も、一度このゲームを体験して別物であると認めて頂けたらと思います。海外評価は抜群のものですし、日本でも[b]スプリンターセル:二重スパイ[/b]という商品名で2007年春に発売されます。トム・クランシー氏著作の硬派な世界をご堪能下さい!

[i]Splinter Cell:Double Agent[/i]過去の記事一覧

[size=x-small](c)2006 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Splinter Cell, Splinter Cell Double Agent, Sam Fisher, the Soldier Icon, Ubisoft, Ubi.com, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.[/size]
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. ValveがSteamの動画セクションを廃止―非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ

    ValveがSteamの動画セクションを廃止―非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ

  2. 『Apex Legends』新武器が明日追加!「Twitch Prime」会員はApexパック5個と限定スキンも獲得可能

    『Apex Legends』新武器が明日追加!「Twitch Prime」会員はApexパック5個と限定スキンも獲得可能

  3. Epic Gamesが返金騒動となった『フォートナイト』非公式リアルイベントに法的措置

    Epic Gamesが返金騒動となった『フォートナイト』非公式リアルイベントに法的措置

  4. PS4版『CoD:BO4』向けに大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」が先行配信

  5. 海外メディア関係者、Googleのゲーム業界本格参入を示唆―詳細はGDCで

  6. 『バイオハザード RE:2』「ゴーストサバイバーズ」には4人目のキャラがいた!この後ろ姿は…

  7. 『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

  8. カルト教団拡大カードゲーム『Cultist Simulator』の売り上げが10万本を突破―ラヴクラフトの世界観がテーマ

  9. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  10. 『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に

アクセスランキングをもっと見る

page top