Xbox Liveアーケードの規定容量が50MBから250MBに拡張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Liveアーケードの規定容量が50MBから250MBに拡張

ニュース 最新ニュース

XboxLiveArcadeタイトルですが、今までは50MBまでという規定がありました。これはメモリーユニットが最大64MBまでだったことが理由のひとつですが、[b]256MBメモリーユニットが発売されるにあたって、250MBまで拡張[/b]されることになりました。


現在のアーケードタイトルを見ると、50MBという小さい容量で、開発側はこれに併せるようにレトロゲームを中心としたものがほとんどでした。しかし、このような容量ではアーケードと呼ぶに相応しい内容のゲームは、今後も出てこないのではないか、と思う方がほとんどだったかも知れません。

マイクロソフトは、現行発売されている64MBメモリーユニットに収まる容量でゲームを制作するよう規定していたようです。今回のこの大幅な拡張は、[b]256MBメモリーユニットの発売に併せての変更[/b]とのこと。また、マイクロソフト側の許可が下りれば、HDD格納専用の[b]450MBまでのアーケードゲームも制作可能[/b]になります。

2月中に、コナミが悪魔城ドラキュラ?月下の夜想曲?をXbox Live Arcadeタイトルとして配信予定していますが、ご存じのようにこのゲームは[b]CD-ROMメディア[/b]でした。どう考えても50MBには収録不可能ですし、分割配信されるとしても全部揃ってからまとめて買う・・、という方もいらっしゃるでしょう。このタイトルに関しては、現在配信方法は未定のようですが、[b]この容量拡張が適用されれば、少々ダウンロードに時間が掛かっても、まとめて一作のゲームとしてすぐにプレイする[/b]ことが出来ます。

規定緩和でどういうゲームが今後出てくるのか、非常に楽しみでもあります。願わくば日本未配信の[b]ルミネスLIVE![/b]を早急にお願いしたいです・・。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/01/19/xbla-file-size-limit-raised-to-250mb/]joystiq[/url])[/size]

関連記事:XBLA版『悪魔城ドラキュラX?月下の夜想曲?』は2月10日に配信との噂
関連記事: XboxLiveArcade『ルミネスLive』プレイムービー

[i]XboxLiveArcade[/i]過去の記事一覧

(C)Microsoft Corporation
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  4. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  5. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  6. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  7. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  8. PS4『スナイパー ゴーストウォーリアー3』10月5日に国内発売決定

  9. DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

  10. ハードコアSFアクション『ザ サージ』日本語PS4版11月発売決定!予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top