海外レビューハイスコア『Splinter Cell: Double Agent』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Splinter Cell: Double Agent』

家庭用ゲーム PS3

●[b]PSX Extreme: [size=medium]8.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―利点は大きく、悪い点を上回ります。見やすく、聞こえやすく、コントロールしやすく、特徴はしっかりしており、非常に奥深く、能力や道具とレベル設計の複雑さは星の輝きのようだ。オンラインマルチプレイは少し貧相ですが、PS3版の2?3の追加マップの恩恵がある。

●[b]GameSpot: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Splinter Cellは、そのユニークなマルチプレイモードと、それにステルスアクションゲームの要素を加えることでPS3で強烈なデビューとなった。

●[b]GameSpy: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Double Agentは、可愛く繕われたワルであり、あなたをサディスティックに微笑ませるゲームの冷却装置からのそよ風が心地よいだろう。

●[b]EuroGamer: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―新しく始めるプレイヤーが手軽にプレイ出来るほど、易しい内容ではありません。しかし、ステルスアクション初心者が暗く見えにくいところから1?2時間後に出て来るなら、この評点に得点を加えるべきだろう。

●[b]IGN: [size=medium]7.9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―しっかりしたストーリー、良い映像と素晴らしいゲームプレイメカニックは、Double Agentをこのジャンルのピッキングファンに推薦しておきたい。


マルチプラットフォームで発売されている[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=splinter+cell%3A+double+agent&kcatid=&x=0&y=0]Splinter Cell: Double Agent[/url]。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=122-10008&kword=splinter%20cell]PS3版[/url]は、どの機種にも負けずゲーム内容はステルスアクションとして成立したものとなっています。ストーリーもしっかりしており、[b]MGS4[/b]を待てない(あるいはそれまでの繋ぎ?)ファンには十分足りるものなのは確かです。海外評価は悪いものではありませんが、マルチプレイモードの弱さに目をつぶったとしては上等なものかと思われます。映像に関してはほぼ問題ないとのことですし、スプセルをプレイしていない方には是非触れてみて欲しい作品です。

【関連記事】
『Splinter Cell: Double Agent』PS3で来年3月にリリース予定
『Splinter Cell: Double Agent』PC版デモが二種類リリース
20周年!『Metal Gear Solid 4』小島秀夫氏が新しいゲームコンセプトを語る

Splinter Cell: Double Agentの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)UbiSoft
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』空に発生した「裂け目」が縮小中?次シーズンへの布石か

    『フォートナイト』空に発生した「裂け目」が縮小中?次シーズンへの布石か

  2. スイッチ版『ダークソウル リマスタード』10月18日に発売決定!「amiibo 太陽の戦士 ソラール」同時リリース

    スイッチ版『ダークソウル リマスタード』10月18日に発売決定!「amiibo 太陽の戦士 ソラール」同時リリース

  3. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 『フォートナイト』対物ライフル風の新武器「ヘビースナイパー」近日登場!―建築物に有効

  5. 超インモラル墓守シム『Graveyard Keeper』アルファ版発売ー死体売買から魔女狩りまで、儲けるためなら何でもアリ

  6. 『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など

  7. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!近日開催マム・タロトでは新鑑定武器も

  8. ファン待望!ローグライクダークファンタジーRPG『ダーケストダンジョン』がスイッチ/PS4/Vita向けに国内発売

  9. 【吉田輝和の絵日記】『探偵 神宮寺三郎 POE』あの頃憧れたハードボイルドおじさんになれなかったよ…

  10. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション グリムスカイ」新オペレーターの盾には稲妻が走る?最新画像公開

アクセスランキングをもっと見る

page top