全然違ウ!海外カバーアート『ファンタシースターシリーズ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『ファンタシースターシリーズ』

PC Windows

現在、ファンタシースターユニバースがオンラインゲームで提供されており、プレイしている方も多いかと思います。このファンタシースターシリーズの原点は、知る人ぞ知るセガマーク3(マスターシステム)が初出です。今回は、シリーズの中の3作を取り上げてご紹介します。


初めはすべての原点であるファンタシースターから。



懐かしいパッケージイラストです。本格的RPGとして発売されたのが、このマーク3(マスターシステム)版からでした。当時はCMも気合いが入っており、アニメーション処理されたダンジョンは、ファンを釘付けにしたのでした。FM音源にも対応で、重厚なBGMは評価も高かったのです。

で、海外版がこちら。



早くもパッケージから戦闘状態になっています・・。タイロンは敵のスケルトン(?)を持ち上げてますし、ルツは何だか躍動的過ぎ。主人公のアリサも顔の彫りが深くなって、見た目はもはや別人かも・・。それより何より、ミャウは何処?!アリサの左上にいるコウモリ(?!)がミャウなら、筆者は泣きます(ステッカーが貼ってあるので、その下になっているみたい)。

*****


では2発目は、続編となるファンタシースターII。海外版のみをご紹介。GENESIS版です。



何だか、おどろおどろしいイラストになってしまってます・・。主人公ってこんなに老けてないよぅ。周囲にいる異星人もやたらと「変」です。モンスターだとしても、デザインが気持ち悪すぎ!いくら海外用であっても、色彩的に微妙過ぎるし購入者は首を傾げてしまったかも・・。

*****


最後にファンタシースターシリーズのスタンドアロンタイトル最終作となった(外伝は除いて)、ファンタシースターIVをご紹介。メガドライブ版です(海外はGENESIS版)。

まずは国内版。「ファンタシースター 千年紀の終わりに」として発売されました。



イベントなどで部分的なグラフィックがカットインで入る、などの斬新な演出がこのタイトルの最大の特徴。ハンターズギルドが本編とは別に導入されたり、それぞれのキャラクターに得手となる武器やテクニックが異なるなど、この後に続くファンタシースターのMMO(オンラインとユニバース)に引き継がれる基礎が出来ています。

そして、海外版がこちら。



まるっきりリアル系になっておりますね・・。右のキャラクター(ファルと思われる)はクロー攻撃が得意ではあるものの、作品とは違って「人間にしか見えない」ようになっております(本当はニューマン)。いずれにしても、各キャラクターは表情に彫りも深くなって、英語化されただけのゲームとはとても思えないかも。まだ、IIよりはマシにはなっていますが・・。

世界中でプレイされているファンタシースターシリーズですが、ネット時代になっても人気は衰えず、特にファンタシースターオンラインは絶賛されています。ユニバースも世界的に運営され(多々の問題はありましたが)、人気を保っているようです。オンラインゲームも人気の変化が顕著になっていますので、年内発売の[b]イルミナスの野望[/b]には是非期待を寄せたいところですね。
[size=x-small](ソース: [url=]MobyGames(PhantasyStar)[/url], [url=]MobyGames(PhantasyStarII)[/url], [url=]MobyGames(PhantasyStarIV)[/url])[/size]

【関連記事】
気になる操作は?スタッフは?『NiGHTS: Journey of Dreams』海外インタビュー
発売されなかった幻の『ソニック』動画
米国セガのサイトでセガゲーム・キャラクターの投票を実施

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SEGA
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  5. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  6. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top