全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』

SNKの格闘ゲームと言えば、餓狼伝説シリーズ、KOFシリーズと絞られてくるのですが、これらの出演キャラクターにはSNKが過去にリリースしたゲームタイトルから、代表的な2人がいます。それがアテナと椎拳崇です。今回はその2人の代表的なゲームのアートを海外版と比較

家庭用ゲーム PlayStation 2
SNKの格闘ゲームと言えば、餓狼伝説シリーズ、KOFシリーズと絞られてくるのですが、これらの出演キャラクターにはSNKが過去にリリースしたゲームタイトルから、代表的な2人がいます。それがアテナと椎拳崇です。今回はその2人の代表的なゲームのアートを海外版と比較してみます。


では最初に[b]アテナ[/b]から。国内版(FC版)はこちら。



結構、肉感的というかグラマラスというか、当時の発売タイトルの中ではセクシーなアートを採用しています。アニメキャラ風なので教育上の風当たりは少なかったみたい。これが[b]女戦士はビキニアーマー[/b]と呼ばれる有名(かつ最も恥ずかしい)アートとなったのは、言うまでもありません。業務用のサイコソルジャー(後述)は既に発売されており、そのミュージックテープが付いていました。

海外版は、こちらになります……。



国内版に描かれていたアニメキャラ風のアテナ様は、すっかり様相を変えております。翼があり、甲冑をまとい、しかも黄金に輝いております!確かにこれなら女神アテナと言えるのでしょうが、ゲームですのでここまでリアリティにしなくても……。背景には咆えるメデューサが陣取り、周囲にもギリシャ神話の怪物が描かれ、国内版とは果てしなく違っています……。

それでは、アテナの続編になる[b]サイコソルジャー[/b]はどうでしょうか?国内版はこちらになります(FC版のアートがありませんでした……)。



この作品でのアテナは、前作の子孫・麻宮アテナという設定になっています。確かに髪の色が違いますし、[b]歌を歌いながら超能力を発動[/b]するようになっています。後ろに居る椎拳崇の表情が何だか怪しいのが気に懸かります(立っているポーズも微妙)……。

海外版のアートは、こちら。



ストIIの春麗?!と一瞬思ってしまうほど、全く違った麻宮アテナ(ですよね?)がやたらと躍動感豊かに描かれています。とってもグラマラスで、不気味な昆虫(?)を相手に奮闘中。椎拳崇なんてどこに行ってしまったのでしょうか?!一人で事足りるので、置いてきたのかも……。

アテナは業務用もFC版も、グラフィックが若干違うだけのアクションでしたが、FC版はマニア向けな難易度で不評だったようです。サイコソルジャーの業務用は筐体にレーザーディスクを搭載して歌を流していました(周囲で騒ぐと音が飛んでしまう)。当時のコストとしては、かなり高額だったと思います。現在のようにCD-ROMやDVD-ROMなどで、ストリーム再生が簡単に出来てしまう環境ではありませんでした。それにしても、SNKに関してはネタが多いと思うのは筆者だけでしょうか?
[size=x-small](参考: [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29]ウィキペディア(アテナ)[/url], [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC]ウィキペディア(サイコソルジャー)[/url])[/size]

【関連記事】
全然違ウ!海外カバーアート『餓狼伝説』
100メガショック!NeoGeoタイトルは、今夏バーチャルコンソールに登場
ピーター・ムーア氏のNew刺青コンテスト、最優秀作品が決定!

(C)SNK PLAYMORE CORPORATION All rights reserved.
《Taka》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ジャストコーズ4』最新情報が公開!進化を遂げたグラップリングフックとカオスさを加速させる気候とは

    『ジャストコーズ4』最新情報が公開!進化を遂げたグラップリングフックとカオスさを加速させる気候とは

  2. 『フォートナイト』浮島が最後の汚染地域へ…各汚染地域でも小島が浮遊しはじめる

    『フォートナイト』浮島が最後の汚染地域へ…各汚染地域でも小島が浮遊しはじめる

  3. 『バトルフィールドV』シングルプレイヤーストーリー「大戦の書」の詳細が国内向けに公開!

    『バトルフィールドV』シングルプレイヤーストーリー「大戦の書」の詳細が国内向けに公開!

  4. 『L4D』や『Portal』などValve製Xbox 360タイトルがXbox One X Enhancedに対応!

  5. 『バトルフィールドV』シングルモードの登場人物は各国の言語で話すことが明らかに

  6. 【吉田輝和の絵日記】『CoD:BO4』己の敵は己!?TDM・ゾンビ・バトロワモードに挑戦してきた

  7. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』に『ダブルドラゴンI~III』収録決定!

  8. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』配信開始

  9. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. 『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため

アクセスランキングをもっと見る

page top