操作、オンライン、パッケージとも充実の『FIFA 08』プレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

操作、オンライン、パッケージとも充実の『FIFA 08』プレビュー

今回のFIFAは違う!オンラインには最大10人で臨め、コントロールも進化。カバーモデルは充実。ライバルに負けない仕上がりをムービーでもご覧いただけるハズ。各国のカバーモデルとなった選手もお知らせしますよ。

PC Windows
[size=x-small]左が北米版、右はUK版。北米版のロナウジーニョ以外、誰だかわかりますか?[/size]


欧州といえばサッカー、もといフットボール。フットボールといえば欧州ということで、ドイツで開催中のGames ConventionでもFIFA 08は注目されています。そこで公開された動画と、それより少し前に発表された進化したオンラインプレイの情報をお伝えしましょう。


まずはオンライン対戦について。以前ご紹介した、サッカーゲームファン垂涎の11人対11人のオンライン対戦。2010年のワールドカップに間に合うように開発が進められているこの"Be A Pro mode"ですが、今回08では、その過程として、[b]5人対5人[/b]のオンライン対戦が実現するようです。この"Be A Pro mode"は、PLAYSTATION 3とXbox 360で採用されることが決まっています。固定された選手の一人としてピッチに立つことのできるこのモード(他の選手は“進化した”AIが務めます)、ただそれだけなら以前にもウイニングイレブンで実装されていました。ただ、これをオンライン、しかも計10人でプレイすることが可能なこの新要素は、従来1対1だったスポーツゲームのオンライン対戦にしてみれば、非常に画期的といえます。

[b]10月9日[/b]前後にも発売のFIFA 08、発売の6〜8週間後に無料ダウンロードコンテンツとして配信される予定のこのモード。、現在これが利用可能なのは北米と欧州のみだそうで、日本では残念ながら体験できない模様。日本国内での発売が決定した際には利用可能になっているといいのですが。

次にGames Conventionで公開されたトレーラーをご紹介。画期的なコントロール方法がガイドされた映像になっています。



なんと右のアナログスティックが右足、左のアナログスティックが左足に対応しており、直感的な操作を可能にする!はずです。これは実際に触ってみないと分かりませんが、こうした「コマンド入力」から「直感的操作」というのは、同じくEAのSkateのように、ひとつのトレンドなのかもしれません。これを活かしてフェイントを華麗に決めるトレーラー、ロナウジーニョをキャラクターに採用したのが奏功したかのような、個人技が際立つトレーラーとなっています。これを実際に試合中に決められればさすがに嬉しいです。

ヨーロッパ圏と北米ではパッケージが異なりますが、当然ユーザーのプレイスタイルも違ってきそう。そうしたユーザーのプレイスタイルを反映できるものになっているといいですね。ちなみにパッケージ、ロナウジーニョをメインにすえながらもヨーロッパ各国で異なるというこだわり。


オーストリア: Andreas Ivanschitz (Panathinaikos FC)
オーストラリア&ニュージーランド: Archie Thompson ( Melbourne Victory)
フランス: Franck Ribéry (Bayern Munich)
ドイツ: Miroslav Klose (Bayern Munich)
スペイン: Sergio Ramos (Real Madrid)
スイス: Tranquillo Barnetta (Bayer Leverkusen)
北米: Guillermo Ochoa (Club América) & Jozy Altidore (Red Bull New York)
ポーランド: Euzebiusz Smolarek (Borussia Dortmund)
ポルトガル: Cristiano Ronaldo (Manchester United)
UK: Wayne Rooney (Manchester United)


リベリー、クローゼ、セルヒオ・ラモス、C・ロナウド、ルーニーなど、超豪華なメンバーが名を連ねます。それぞれの代表が名を連ねるパッケージ。C・ロナウドに至っては、Pro Evolution Soccer 2008にも出演の人気。北米版の選手の知名度の低さはいたしかたないというところですが、知っている人は相当の通。

Pro Evolution Soccer 2008に先行して発売されるFIFA 08、EAはこの新要素で多くのユーザーの支持を得ることができるか、そして、いずれは可能になる完全なオンライン対戦、Be A Pro modeのこれからにも注目です。
[size=x-small] (ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6177321.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;14]GameSpot[/url])[/size]

【関連記事】
2010年W杯、EAの『FIFA』シリーズは11人対11人の試合を目指す
Wiiの『FIFA 08』はひと味違う!Miiを使ったゲームモードも搭載
選手の一人として夢のピッチへー『FIFA 08』プレビュー

FIFA 08の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Electronic Arts Inc. All Rights Reserved




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 焚き火を眺める新作シム『Fire Place』がSteam配信中―揺れる炎で癒やされよう…

    焚き火を眺める新作シム『Fire Place』がSteam配信中―揺れる炎で癒やされよう…

  2. SWAT突入横スクシューター『Door Kickers: Action Squad』日本語に対応!

    SWAT突入横スクシューター『Door Kickers: Action Squad』日本語に対応!

  3. 『リーグ・オブ・レジェンド』ビジュアルとWがアップデート!新たなエズリアルのゲームプレイプレビュー

    『リーグ・オブ・レジェンド』ビジュアルとWがアップデート!新たなエズリアルのゲームプレイプレビュー

  4. 没入型Sci-Fiアドベンチャー新作『HEVN』配信開始! 荒廃した惑星で不吉な陰謀に迫る

  5. 懐かしの名作ADV『Myst III: Exile』『Myst IV: Revelation』Steam配信開始!

  6. VHS風ビジュアルの無料ホラーゲーム『SEPTEMBER 1999』が配信! 5分半で楽しめる不気味体験

  7. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  8. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  9. 『オーバーウォッチ』トールビョーンのアビリティが一部変更に―その他ヒーローの調整も予定

  10. 【UPDATE】Blizzard『オーバーウォッチ』のサードパーティ製のデータトラッキングツールに警告

アクセスランキングをもっと見る

page top