任天堂が『スーパーマリオシスターズ』を商標登録していたことが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂が『スーパーマリオシスターズ』を商標登録していたことが明らかに

任天堂オブアメリカが、およそ18年前になる1990年に、[b]スーパーマリオシスターズ[/b](Super Mario Sisters)という商標を取得していたことが米国特許商標庁のファイルから明らかになったそうです。

家庭用ゲーム Wii
Kotakuさんの[url=http://kotaku.com/gaming/nintendo/super-mariosisters-325721.php]記事[/url]より。任天堂オブアメリカが、およそ18年前になる1990年に、[b]スーパーマリオシスターズ[/b](Super Mario Sisters)という商標を取得していたことが明らかになったそうです。

とある海外ユーザーが米国特許商標庁のサイトから発掘したと思われるこの履歴によれば、任天堂オブアメリカは1990年の2月27日にエレクトロニックゲームプログラムの名称として“SUPER MARIO SISTERS”の商標を登録しています。

[size=x-small]こちらが米国特許商標庁で見つかったらしき証拠ファイル[/size]


ファミコンでスーパーマリオブラザーズが発売された1985年の五年後に、果たして任天堂が、配管工の姉妹が暴れまわるスピンオフ作品のプロジェクトを進めていたのかどうかは今となっては知るすべもありませんが、その後間もなく、1991年の12月にこの商標は権利は放棄され、日の目を見ることなくシスターズ達は闇に葬られてしまったようです。

もし、スーパーマリオシスターズが本当にゲーム化されていたら、一体どんな作品になっていたのか、かんなり気になるところです。[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/nintendo/super-mariosisters-325721.php]Kotaku:Super Mario...Sisters?[/url], イメージ: [url=http://jollyrose.deviantart.com/art/Tanooki-Sisters-70402092]deviantART:Tanooki Sisters[/url])[/size]

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Super Mario Galaxy』 (スーパーマリオギャラクシー)
自分の国の首相よりも、マリオの方が有名!…さらにパリス・ヒルトンよりも有名
It’s a Me, Mario!世界が待ってた『スーパーマリオギャラクシー』発売イベント写真集
本日の一枚『○○毛に覆われたマリオ』
本日の一本 『リアルすぎるスーパーキノコ』
マリオとルイージが訴える安全な…SEX!?大変なことになっている性教育ビデオ
80年代シューティングが、アクションゲームに乱入!禁断のクロスオーバー動画
『スーパーマリオ』画面を見ないで1-2クリアーしちゃう人
傍若無人なコスプレで突撃する奴らが帰ってきた…それもGDC会場に乱入!?


 






《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため

    『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため

  2. 『Fallout 76』国内でのB.E.T.A.実施要項が決定! オンラインストアとAmazon.co.jpでの予約購入者が対象

    『Fallout 76』国内でのB.E.T.A.実施要項が決定! オンラインストアとAmazon.co.jpでの予約購入者が対象

  3. 『ヒットマン2』PR大使マフィア梶田氏が編集部を襲撃!ガチで人生相談に乗ってもらった!

    『ヒットマン2』PR大使マフィア梶田氏が編集部を襲撃!ガチで人生相談に乗ってもらった!

  4. 『CoD:BO4』Activision最大のDL版発売初日売上に―PSストア最大の初日売上も記録

  5. 物理パンゲー『I Am Bread』スピードラン記録が更新―こんなに素早く焼けました【UPDATE】

  6. 特定メッセージでPS4が動作不能になるグリッチ報告―設定変更で未然に防ぐよう注意喚起

  7. スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

  8. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  9. 『Dead by Daylight』「スポーツマンシップにそぐわない行動」へのBAN期間が変更へ

  10. くっきーの怪演に注目!『Fallout 76』野生爆弾が独特の雰囲気を醸し出すスペシャル映像

アクセスランキングをもっと見る

page top