『Supreme Commander』Xbox 360版プレビュー 操作性は快適に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Supreme Commander』Xbox 360版プレビュー 操作性は快適に

PC Windows

PC版では、数あるSci-Fiリアルタイムストラテジーの中で自由度と戦略性が高いことで人気となった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=supreme+commander&kcatid=&x=45&y=12]Supreme Commander[/url]。次世代機版の中でXbox 360版のプレビューが掲載されていましたので、その特徴を掻い摘んでご紹介します。オリジナルとなるメニューにより、操作性はアップしている模様です。




[b]■PC版の要素はほぼ変わらない内容[/b]
* Xbox 360版では、PC版のような操作の煩雑さを無くして、左スティックでの操作を重視。
* ズーム機能は、ユニットの細部が見える状態から、戦況全体を見るためのマップになるまでシームレスに操作が可能。
* スクリーンをスクロールしたり、ミニマップを操作することなく、任意の地点を拡大縮小して状況を把握することができる。

[b]■変更点について[/b]
* ユーザーインターフェイスは、コンシューマ機用として大きな変更点がある。
* HUDは小さくなって、画面のほぼ隅に表示されるようになる。
* 大部分のユニットへの操作は、ラジアルメニューによりアナログコントローラーでアクセスできる。
* マウスカーソルはコントロールスティックにより、フリーカーソルとして切り替えて動作させることができる。
* プレイアビリティとメモリ不足の懸念を解消するため、ゲーム中の構成要素をPC版より若干縮小。
* PC版と同じように、マルチプレイモードでの1人当たりのユニット所持数は上限500。最大4プレイヤーまでの対戦が可能となるので、その総数の上限は2000ユニットまでとなる。
* 主に過剰な数のチームが設定されている、6つのマップがゲームから取り除かれている。
* いくつかのマイナーなTechユニットが微調整されている。
* 他にも細かい設定が必要となるマネージメントを少なくした。



[b]■新しい機能について[/b]
* PC版での続編である[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11734&kword=supreme%20commander]Supreme Commander: Forged Alliance[/url]の内容は、一部を収録しているのみ。
* 改良されたA.I.を搭載した。
* ビルディングテンプレートシステムを、より賢くしてプレイヤーへのサポートを強化。
* Forged Allianceに収録されている各陣営の最新ユニットが使用できる。※

※UEFは、Tech 2レベルの2種類のBomberと、2種類のGatling Bot、新しいTech 3レベルのAnti-Artillery Shield。Cybranは、Tech 2レベルのRocket BotとMobile Missiles、Bomber、新しいTech 1レベルの「Sleeper」と呼ばれるStealth Submarine。Aeonは、Tech 2レベルのSuicide BomberとGuided Missile、Tech 3レベルのShield Disruptor、新しいTech 1レベルのStationary Artillery。

* 新しい2つのマルチプレイモードを搭載。

[b]King of the Hill[/b]: ユニット集結ポイントなど、建設物が一切無いモード。いかにレベルの高いユニットを早く作れるかが勝利を分ける。

[b]Command Point[/b]: Engineerユニットを上手く使いながら、自軍の分散しているベースポイントを守る。



[b]■SDTV表示でも大丈夫?[/b]
* PC版のHUD表示部分を分割することにより、高価なTVセットが無くてもプレイできるようになっている。Chris Taylor氏は「720p表示よりも、480p表示の方にフィードバックや時間を費やした」とのこと。





※その他のスクリーンショットは[url=http://www.shacknews.com/gallery.x?game_id=4883]こちら[/url]。

プレイ感については、非常に滑らかに動作しており、フレームレートが減少していることも無いそうです。グラフィックレベルとしては、パワフルなPCユーザーが設定しているほど高いとは言い難いとのこと。それでもスクリーンショットを見る限り、十分遊べるものとして完成しているそうです。一番の特徴は、コンシューマ専用となったラジアルメニューでしょうか。チュートリアルで、プレイ方法も詳しく説明してくれるそうです。Xbox 360ユーザーのリアルタイムストラテジーファンを、更に増やすことになるでしょうか?発売は4月8日を予定しています。
[size=x-small](ソース・イメージ: [url=http://www.shacknews.com/featuredarticle.x?id=746]ShackNews[/url])[/size]

【関連記事】
『Supreme Commander』Xbox 360版スクリーンショット掲載 新しい機能も搭載
『Supreme Commander』Xbox 360で2008年に発売決定!
『Supreme Commander』Xbox 360とPS3で発売決定!Space Siegeの話題から
海外レビューハイスコア『Supreme Commander』
海外レビューハイスコア 『Supreme Commander: Forged Alliance』

Supreme Commanderシリーズの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Gas Powered Games, (C)Aspyr Media All Rights Reserved.








《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  5. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  6. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top