GC 08: 既存ユーザーも一安心?60GBの別売りHDDが登場へ、気になるそのお値段は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 08: 既存ユーザーも一安心?60GBの別売りHDDが登場へ、気になるそのお値段は…

ハードディスクへ夢の完全インストールが実現すると、今後は俄然ユーザーの注目を集めそうなXbox 360向け大容量HDD。既に海外では、順次60GBモデル本体の販売が始まっていますが、一方で気になるのは既存ユーザー用のアップグレード。ヨーロッパでは新しい本体の他に

家庭用ゲーム Xbox360




この秋にも予定されている待望の新世代ダッシュボードでは、ゲームディスクからHDDへの完全インストールも実現し、これから俄然ユーザーの注目を集めそうなXbox 360用の大容量ハードディスク。既に海外では、今月から順次60GBモデル本体の販売が始まっていますが、一方で気になるのは既存ユーザー向けのアップグレード。

現在は、かなり高価な120GBと20GBのオプションしかありませんでしたが、ヨーロッパでは新しい本体の他に60GBのHDDとLIVE更新チケットなどがセットになった、別売りパッケージが登場するようです。



* * * * * * * * *





[size=x-small]なにやらこちらは、本当にインストールしているらしき一場面。ちなみに、GTA4まるごと一本で6.8GBほど必要[/size]



今回Games Conventionの招待状と共に、なんでもドイツのXbox LIVEゴールドメンバーに配られているというチラシによると、新たに登場するのは[b]60GB LIVE Starter Pack[/b]という名称で、今年の11月に発売予定。60GBのハードディスクの他、3ヶ月分のゴールドメンバーシップ利用権とヘッドセットが付属して、お値段79ユーロとのこと。

現在のレートだと、日本円でおよそ13,000円程度になりますが、当地ではEliteモデルと同じ120GBの単品ハードディスクが、129ユーロ(約21,000円)で売られていることもあり、本体だけなら実質半額程度のお値段は期待できそうです。20GBの単品HDDに至っては、今も99ユーロ(約16,000円)の価格で売られていたりするので、今までに比べたら遥かに手の出しやすいものになるのは間違いありません。

今のところまだ正式なアナウンスはなく、欧州以外の展開も明らかになっていませんが、HDDへのフルインストールで快適なゲームプレイを実現するためにも、今後はもっと入手しやすくなるといいですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.xbox360fanboy.com/2008/08/20/60gb-hdd-headset-3-months-live-79-euros/]Xbox360 Fanboy: "60GB HDD + headset + 3 months Live = 79 Euros"[/url])[/size]

 
【関連記事】
来月には新価格?Xbox 360本体の値下げがお店のチラシにも登場
ついに200ドルを切る!?Xbox 360、全モデル値下げの噂
GC 08: Xbox 360コントローラーがちょっぴり進化?D-Padの操作性向上か


E3 08: アバター!HDDインストール!LIVEと共に生まれ変わる驚きのダッシュボード新機能
E3 08: 本番前の正式発表!Xbox 360本体のHDDが60GBに、値下げは在庫限り?
E3 08: 限定カラーのXbox 360コントローラーが登場!『レッド&ブラック』『グリーン』


対戦無料、PC版マーケットプレイスもいよいよ開始『Games for Windows Live』の将来は?
落第ゲームにはレッドカード?Xbox Liveアーケードの今後はDRMポリシーも変更に
Xbox 360のハードディスクはどうしてこんなに高いのか?

- トップに戻る -




(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.



 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. し、渋い…『SEKIRO』カッコいい刀掛け風カスタムXB1のプレゼントキャンペーンが海外で実施

    し、渋い…『SEKIRO』カッコいい刀掛け風カスタムXB1のプレゼントキャンペーンが海外で実施

  2. 『Anthem』今後の展開が予告―

    『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  3. 【囲みレビュー】『Bloodborne』──過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う

    【囲みレビュー】『Bloodborne』──過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う

  4. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  5. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  6. リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

  7. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  8. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』公式サイトのキャラクター情報更新ー「狼」など主要人物の詳細が明らかに

  10. 『レッド・デッド・オンライン』次回アップデート内容が公開ーPK被害に対応するシステムが追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top