『Call of Duty 7』はやはりTreyarchが開発中? アニメーターがプロフィール上でポロリ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty 7』はやはりTreyarchが開発中? アニメーターがプロフィール上でポロリ

今度はベトナムやキューバーが舞台になるかもしれないとも噂される Call of Duty 7 。まだ公式発表もされていない本作ですが、2008年発売の Quantum of Solace の開発に携わったアニメーターDavid Kim氏が、現在Call of Duty 7の開発に携わっている事を自身のプロフ

PC Windows

今度はベトナムやキューバーが舞台になるかもしれないともされるCall of Duty 7。まだ公式発表もされていない本作ですが、2008年発売のボンドゲームQuantum of Solaceにシニアアニメーターとして開発に携わったDavid Kim氏が、現在Call of Duty 7の開発に携わっている事を自身のプロフィールに記載してしまったようです。

「私は現在ActivisionとTreyarchとともに、ゲーム産業のシニアアニメーターとして2作目となるCall Of Duty 7の開発に携わっています」

今現在彼のプロフィールは更新され文章が書き換えられてしまっていますが、"Call of Duty 7はTreyarchが開発中"ということはほぼ確実とみて良いのではないでしょうか。

新作Modern Warfare 2の発売が控える中、こういった形で次回作の存在が明るみになってしまうのは、Activision/Treyarchにとって非常に厄介でしょうね……。
(ソース: Shacknews)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂
本作への期待度更にUP!『Modern Warfare 2』の新たな詳細が海外ゲーム誌に掲載
今度は日本兵のゾンビも! 『Call of Duty: World at War』のマップパック第2弾が6月配信
『Call of Duty』第一作目がPSNとXBLAに登場?ESRBレイティングサイトで確認


《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 基本無料ハンティングアクション『Dauntless』プレイヤー数が400万人突破!マッチメイク問題にも対応中

    基本無料ハンティングアクション『Dauntless』プレイヤー数が400万人突破!マッチメイク問題にも対応中

  2. Sci-Fi物流シム『Interstellar Transport Company』正式リリース!目指すは星間物流の大企業

    Sci-Fi物流シム『Interstellar Transport Company』正式リリース!目指すは星間物流の大企業

  3. ローグライクカードゲーム『Blood Card』正式リリース!迫る死神…逃げるも倒すもプレイヤー次第

    ローグライクカードゲーム『Blood Card』正式リリース!迫る死神…逃げるも倒すもプレイヤー次第

  4. Epic GamesストアにてPC版『Heavy Rain』の無料デモが配信開始!

  5. モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

  6. Googleストリーミングゲームサービス「Stadia」続報は夏に

  7. サイコホラーADV『Dollhouse』Steam配信開始―ランダムマップの悪夢の世界、追手を躱し脱出せよ

  8. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

  9. イガヴァニア『Bloodstained: Ritual of the Night』海外での予約受付が開始!

  10. PC版『オーバーウォッチ』PTRサーバーにリプレイ機能が実装―過去の試合をあらゆる視点で再確認可能

アクセスランキングをもっと見る

1
page top