Take-Two、『Duke Nukem Forever』の開発の遅れをめぐって3D Realmsを提訴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two、『Duke Nukem Forever』の開発の遅れをめぐって3D Realmsを提訴

ニュース 最新ニュース



開発に12年以上の歳月をかけたにもかかわらず、完成することなく開発スタジオが閉鎖すると言う衝撃の結末を迎えたDuke Nukem Foreverですが、パブリッシャーのTake-Two Interactiveが、幾度と無く繰り返された延期が契約に違反しているとしてデベロッパーのApogee Ltd./3D Realmsを提訴しました。

Take-Twoは訴状で以下の様な主張を述べています。
「Take-Twoおよびゲームコミュニティーに対し"鋭意開発中"と言いながら、ApogeeはDuke Nukem Foreverの完成日を何度も遅らせました」
Take-Twoは2000年に独占販売権を獲得し2007年にはまた別の契約を交わしたとの事で、裁判ではこの契約の内容が争点となりそうです。そういえばDuke Nukem Foreverが長い沈黙を破って動きを見せ始めたのも2007年に入ってからでしたね。

本作の独占販売権を1200万ドル(約11億円)という巨額を投じて獲得したTake-Two Interactiveにとって、待てども待てども開発が完了しないDuke Nukem Foreverは相当な負担となっていたのでしょう。

長年に渡って伝説を築き上げてきたDuke Nukem Foreverは今後も更なる伝説を生み出すのでしょうか……。そしてパブリッシャーTake-Two InteractiveとデベロッパーApogee Ltd./3D Realmsの争いの行方や如何に! これからの展開に注目が集まります。
(ソース: Bloomberg)

【関連記事】
『Duke Nukem Forever』のレンダー画像やスクリーンショット、設計資料などが続々と公開!
3D Realms閉鎖…『Duke Nukem Forever』のゲームプレイ映像やコンセプトアートが公開
Duke Nukemシリーズの3D Realmsが閉鎖…『Duke Nukem Forever』開発の行方は?
GDC 09: 遂にお披露目『Duke Nukem Trilogy』のゲーム画面直撮りショット
オールドゲームのダウンロード販売サイトGOG.comに『Duke Nukem 3D』が登場


《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

    ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

  2. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  3. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

    『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  4. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  5. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  6. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. バーテンダーADV『VA-11 HALL-A』待望の日本語化、PS Vita版の出来栄えは?

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

アクセスランキングをもっと見る

page top