THQ、エネルギー危機に瀕したアメリカが舞台のミリタリーFPS『Homefront』を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ、エネルギー危機に瀕したアメリカが舞台のミリタリーFPS『Homefront』を発表

THQはE3 2009での公開に先駆けて新作ミリタリーFPS、 Homefront を発表しました。本作の舞台はエネルギー不足により経済破綻の危機に瀕した2027年のアメリカ。この危機に乗じてアメリカ本土へと侵略を始めた北朝鮮と、国を守るべく立ち上がったレジスタンス達との戦

PC Windows


THQが新作ミリタリーFPS、Homefrontを発表しました。本作の舞台はエネルギー不足により経済破綻の危機に瀕した2027年のアメリカ。この危機に乗じてアメリカ本土へと侵略を始めた北朝鮮と、国を守るべく立ち上がったレジスタンス達との戦いが描かれるのだそうです。

脚本を担当するのは映画『地獄の黙示録』の脚本を手がけたジョン・ミリアス氏。「他国の侵略に抵抗する市民」というシチュエーションは彼が監督・脚本を手がけた『若き勇者たち』のシチュエーションと良く似ています。

開発を担当するのはFrontlines: Fuel of Warの開発を手がけたアメリカのデベロッパーKaos Studios。本作ではストーリー駆動で進行するシングルプレイヤーキャンペーンに加え、充実したマルチプレイヤーコンポーネントが約束されるとの事です。

対象機種はWindows PC/Xbox 360/PLAYSTATION 3の3機種。発売日はまだ明らかにされていませんが、来週開催されるE3 2009にも出展されるそうなのでしっかりチェックしておきましょう。
(ソース&イメージ: G4tv)


【関連記事】
『Frontlines: Fuel of War』最新トレイラー&開発者によるTipsムービー
海外レビューハイスコア 『Frontlines: Fuel of War』
『Operation Flashpoint: Dragon Rising』の最新トレイラーが公開。しかし発売は多少延期…
イスラエル製のリモートコントロール式機関銃『Mini-Typhoon』はゲーマーなら用意に操作可能!?
まるで実写の様な『ARMA 2』ニュース映像風最新トレイラー

- トップに戻る -

《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ2』サービス開始するもサーバーエラー多発―開始早々に「大規模なDDoS攻撃」を受ける

    『オーバーウォッチ2』サービス開始するもサーバーエラー多発―開始早々に「大規模なDDoS攻撃」を受ける

  2. リメイク版『Dead Space』日本語字幕付き初ゲームプレイトレイラー!

    リメイク版『Dead Space』日本語字幕付き初ゲームプレイトレイラー!

  3. "市場最速のSSD"でオープンワールドゲームのロード時間を計測!「WD_BLACK SN850X NVMe SSD」でいろいろな遅刻を回避した

  4. 次の舞台はオープンワールド!ごろつきローグライト続編『Streets of Rogue 2』正式発表―2023年リリース予定

  5. 大海原を探検するだけじゃない!航海ストラテジーADV『Sailing Era』Steamストアページ公開

  6. オープンワールド釣りゲー『Call of the Wild: The Angler』問題点を改善するパッチ1.05リリース―日本語字幕の修正やグラフィック向上など

  7. 『ドラえもん のび太の牧場物語 大自然の王国とみんなの家』体験版配信!製品版へのプレイ特典もあり

  8. バイオ技術者として実験し未知の惑星で生き残るSFサンドボックス『Honeycomb』2023年第4四半期リリース予定

  9. 姉弟の逃避行ADV続編『A Plague Tale: Requiem』&悪夢のホラーFPS『Scorn』含み新作4本登場!「Xbox / PC Game Pass」2022年10月前半ラインナップ

  10. 『HITMAN 3』ローグライク要素を持つ新モード「Freelancer」のクローズドテスト11月開催

アクセスランキングをもっと見る

page top