再びMature評価に? Ed Boon氏が『Mortal Kombat』次回作のヒントをTwitterに投稿 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

再びMature評価に? Ed Boon氏が『Mortal Kombat』次回作のヒントをTwitterに投稿

Mortal Kombat シリーズのクリエイターであるEd Boon氏が、次回作のヒントをTwitterに投稿しました。その投稿によればどうやら次回作ではお馴染みのバイオレンスさが帰ってくるようです。

家庭用ゲーム Xbox360

Mortal KombatシリーズのクリエイターであるEd Boon氏が、次回作のヒントをTwitterに投稿しました。その投稿によればどうやら次回作ではお馴染みのバイオレンスさが帰ってくるようです。
「今日は必殺技とフェタリティのモーションキャプチャー作業をした。それはとても…ヤバイ!!」

「CarlosとRick Oは幾つかのクールなフェタリティを演じた。これが規制されないことを望む」

@McCarron「人々はM評価のMKを望んでいます。私たちにM評価のMKを与えてくれますか?」

「それはまだ言えない…」
Twitterでは今後も投稿があると思われますのでしっかりチェックしておきましょう。ちなみに最新の投稿では相手を赤ん坊に変えてしまうフィニッシュムーブ"ベイバリティ"に触れています。

今のところはっきりとした情報はありませんが、開発は着実に進んでいるようですね。前作Mortal Kombat vs. DC Universeは万人向けに残虐度が押さえられTeen評価となっていましたが、次回作ではギリギリMature評価の残虐度で全てのモータリアンが納得するような内容となっていることを期待したいですね。
(ソース: Mortal Kombat Online, TRMK)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
『Mortal Kombat』の開発チームがMidwayから独立?
『MK vs. DC Universe』の出荷本数が180万本を突破。新作MKタイトルも既に開発中!
海外レビューハイスコア 『Mortal Kombat vs. DC Universe』
『Mortal Kombat vs. DC Universe』最新トレイラー&最新ゲームプレイ映像!

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ジャストコーズ4』最新情報が公開!進化を遂げたグラップリングフックとカオスさを加速させる気候とは

    『ジャストコーズ4』最新情報が公開!進化を遂げたグラップリングフックとカオスさを加速させる気候とは

  2. 『バトルフィールドV』シングルプレイヤーストーリー「大戦の書」の詳細が国内向けに公開!

    『バトルフィールドV』シングルプレイヤーストーリー「大戦の書」の詳細が国内向けに公開!

  3. 『フォートナイト』浮島が最後の汚染地域へ…各汚染地域でも小島が浮遊しはじめる

    『フォートナイト』浮島が最後の汚染地域へ…各汚染地域でも小島が浮遊しはじめる

  4. 『L4D』や『Portal』などValve製Xbox 360タイトルがXbox One X Enhancedに対応!

  5. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  6. 【吉田輝和の絵日記】『CoD:BO4』己の敵は己!?TDM・ゾンビ・バトロワモードに挑戦してきた

  7. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』配信開始

  8. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』に『ダブルドラゴンI~III』収録決定!

  9. 『CoD:BO4』PS4パッケージ版の国内初週売上は22.8万本―前作を超える結果に

  10. 『バトルフィールドV』シングルモードの登場人物は各国の言語で話すことが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top