小島秀夫氏の名作『スナッチャー』がアドベンチャーFPSに?ファンによりModが作成中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島秀夫氏の名作『スナッチャー』がアドベンチャーFPSに?ファンによりModが作成中

PC Windows



1988年にコナミの小島秀夫氏が手掛けたアドベンチャーゲーム、スナッチャー。MSX2の他プレイステーションやセガサターンなど、多機種に渡って展開された小島氏の名作の一つですが、なんと海外のユーザーの手によって、Crysis Wars向けのModが現在開発されているようです。

Crysis Warsは、CrysisシリーズのCrysis Warheadに収録されているマルチプレイモードで、現在も有志により様々なModが作成されています。しかし、ご存知のようにCrysisはFPSであり、スナッチャーのように文字を追っていくアドベンチャーゲームとは全くの異なる物。ゲーム性からは結びつかないような両タイトルですが、製作者のASH712氏のプロジェクトページにはこのように書かれています。

まだスナッチャーModは開発の初期段階なんだ。でも僕がゲームに望んでいるものは幾つかある。

■ネオコウベシティーの探索
・1マップにつき4〜8ブロックの自由に歩き回れる都市環境
・20以上の探索できる異なるマップ
・走ったり飛んだり出来る「トライサイクル」

■刑事スタイルのゲームプレイ
・FPSとRPGのゲームプレイと捜査やパズル要素を融合

■あなた自身のナビゲーター
・Metal Gear MKII、プレイヤーの行けない地域で探索するロボット
・ナビゲーターストアではアイテムと情報が入手出来る

・このMODではオリジナルの日本バージョンにはあった、削除されたシーンも特色としている。

ASH712さんはこのようにアドベンチャー要素のあるFPSの実現に向けて現在も開発中のようで、これが実現するとなると、とても素晴らしい物となりそうですね。(ソース: ModDB.com、イメージ:deviantART)

【関連記事】
E3 09: 小島秀夫氏プロデュースのシリーズ最新作、『Castlevania: Lords of Shadow』が発表
世界記録!『メタルギアソリッド』小島秀夫氏がギネスブックに掲載
ニンテンドーDSiを透明ケースに変えてしまうクリスタルシェルMod
『バイオハザード3 LAST ESCAPE』を完全再現する『Left 4 Dead』のキャンペーンMod
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  2. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

    1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  3. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

    一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

  4. PC版『Impact Winter インパクト・ウインター』の再延期が決定

  5. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  6. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

  7. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

  10. 『PUBG』新マップ2つの詳細判明―旧ユーゴ領土/砂漠の都市が舞台に

アクセスランキングをもっと見る

page top