【PR】コアなシューターファンが『Heroes in the Sky』を遊ぶ5つの理由 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PR】コアなシューターファンが『Heroes in the Sky』を遊ぶ5つの理由

PC Windows



JC Globalが昨年12月から運営している、PC用オンラインゲーム『Heroes in the Sky』。第二次世界大戦をテーマにしたフライトコンバットシューティングで、アクション性やスピード感のある戦闘、機体のカスタマイズ要素を手軽に楽しめるのがウリ。

普段からマルチプレイのFPSやTPSを遊んでいるゲーマーにはちょっと注目のタイトルとして、「コアなシューターファンが本作を遊ぶ5つの理由」という切り口でご紹介しちゃいます。

* * * * * * *


■理由その1: Co-opプレイのミッションモードがある

家庭用ゲームのオンライン作品では当たり前になりつつあるCo-opプレイだが、PC用ゲーム、とりわけフライト系やシューティング系ジャンルで協力プレイを実装している作品はそれほど多くない。『Heroes in the Sky』ならミッションで存分に仲間と協力プレイを楽しむことができる!

■理由その2: 戦闘機に乗って戦える

『Heroes in the Sky』の最も特徴的な部分は、プレイヤーが人間ではなく、兵器に乗って戦うということ。それも戦車や戦艦ではなく、空を自由に飛び回ることができるスピード感抜群の戦闘機なのだ。遮蔽物のない大空で敵の動きを読み、あらゆるシューターで最も大切なスキルが磨かれるだろう。

■理由その3: 成長やカスタマイズ要素がある

一般的なマルチプレイ専用のFPSやTPSでは、キャラクターの強化やカスタマイズといった成長の要素はほとんど用意されていない。しかし『Heroes in the Sky』では、機体パーツから銃火器まであらゆる部分で自機の強化が可能。プレイヤーのスタイルに合わせてカスタマイズできるので、きっとやりがいを感じられるはず。

■理由その4: 30人対戦の大規模占領戦がある

占領戦モードでは、特定の時間になると15対15の大規模空戦が世界各地で同時勃発。各エリアの戦闘結果が勢力図を刻々と塗り替え、最終的には経済にまで影響を及ぼすという、ストラテジックな緊張感とナショナリズム的一体感は、普通のシューターではなかなか味わえない。

■理由その5: 新鮮なゲームプレイ体験

既存のシューターとは本質的に異なるゲームプレイが用意された本作。遊び慣れたFPSやTPSに飽きたわけではないけれど、新鮮なゲーム体験が必要になる時だってある。『Heroes in the Sky』は、そんな時にこそプレイするゲームかもしれない。一人でも、時間があまりなくても、気軽に遊ぶことが可能で、ゲームに費やした時間は、自機の成長という形で確実に蓄積されていくのだから。

* * * * * * *


こいつはちょっと気になるぜ!というシューターファンは、『Heroes in the Sky』のオフィシャルサイトで詳しいゲーム内容をチェックしてみましょう。基本プレイは無料なので、とりあえず戦場に飛び立って感触を確かめてみるのもいいかもしれません。









(c) 2008-2009 GameUS All rights reserved.
(c) 2008-2009 JC Entertainment All rights reserved.
(c) 2009 JC Global All rights reserved.
《ひよこ*Spark》

PC アクセスランキング

  1. サバイバルMMORPG『Next Day: Survival』が正式リリース! 有毒な霧に汚染された世界で生き延びろ

    サバイバルMMORPG『Next Day: Survival』が正式リリース! 有毒な霧に汚染された世界で生き延びろ

  2. 『レインボーシックス シージ』ディフューザーはもう殴らない―次シーズンより解除アニメーションが刷新

    『レインボーシックス シージ』ディフューザーはもう殴らない―次シーズンより解除アニメーションが刷新

  3. 『L4D』風味なSF協力シューター『Earthfall』7月中旬に正式リリース、Steam早期アクセス版は価格変更に

    『L4D』風味なSF協力シューター『Earthfall』7月中旬に正式リリース、Steam早期アクセス版は価格変更に

  4. 日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

  5. 車版バトルロイヤル『notmycar』ティーザー映像! プレアルファテスト実施も発表

  6. 総計9kg以上の粘土で描かれる、クレイアニメな見下ろしサバイバルアクションADV『Disdoored』発表!

  7. 二足歩行ロボアクション『BE-A Walker』が8月Steam配信! 奇妙で残酷な歩行シミュレータ

  8. Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】

  9. バトルロイヤルゲーム『H1Z1』がFree-to-Play化! 正式リリースから僅か8日

  10. 『ダークソウル リマスタード』Steam版、旧作購入者向けアップグレード販売が発表!―定価の半額に、旧作販売終了も告知

アクセスランキングをもっと見る

page top