グラスホッパー・マニファクチュアのSUDA 51、自身が手掛けた『michigan』のリメイクを希望? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

グラスホッパー・マニファクチュアのSUDA 51、自身が手掛けた『michigan』のリメイクを希望?

家庭用ゲーム PlayStation 2


2010年に海外でNO MORE HEROES 2の発売が控える、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏(SUDA 51)。須田剛一氏はこれまでにkiller7花と太陽と雨となど、数々の奇抜なタイトルを手掛けていますが、海外サイトGamasutraで行われた須田氏へのインタビューにて、2002年にPS2で発売されたサスペンスアドベンチャーゲーム、michiganのリメイクや新作を作りたいと話しています

“REC/レックと言うスペインのホラー映画があるんです。私はそれを見た時とてもMichiganっぽいと気が付いたんです。私にはまだそのラインに沿った多くのアイデアを持っているので、いつかまたSpikeと共に、新作やリメイクでMichiganを作りたいですね。”

とコメント。尚Michiganは北米では発売されておらず、今回のインタビューを行ったGame Developer Magazineの編集長を務めるBrandon Sheffield氏は、当初アメリカでの発売の為にパブリッシャーへ提案するも、十分なゲームプレイが無いとの判断で実現しなかったという経緯があるそうです。(ソース: Joystiq)

【関連記事】
Suda 51: 日本のゲーム市場はミドルユーザーの存在が重要になる
SUDA 51: 『No More Heroes: Desperate Struggle』の開発は最終段階

Team ICOの上田文人氏、須田剛一氏、Fallout 3のPagliarulo氏らによるセッションがGDCで開催
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  2. 『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

    『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

  3. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

    『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  4. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  5. ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』発売決定! 「頂上大会2017」札幌大会で発売日など発表

  6. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  7. PS4『雷電V Director's Cut』発売決定―2人同時プレイや新ステージを追加!

  8. 『ストリートファイターV』CFNが5月末に刷新、新キャラ「エド」や金網が懐かしいあのステージの復活も

  9. 『Call of Duty: WWII』に「無限ダッシュ」は非搭載

  10. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

アクセスランキングをもっと見る

page top