オランダで35歳の男が病院を停電させる → 『サイレントヒル』のつもりでした | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オランダで35歳の男が病院を停電させる → 『サイレントヒル』のつもりでした

ニュース 最新ニュース



今年4月、オランダで35歳の男性が病院を停電させるという不可解な事件があったそうですが、この男の犯行の動機がテレビゲームの『サイレントヒル』だったと報じられています。

地元メディアの報道によると、容疑者のJan HはSophia Hospitalの地下室にある電力室に侵入し、レバーやスイッチを操作して全施設の電力をシャットダウン。停電は45分間続き、幸い深刻な被害はなかったものの、エレベーターが途中で止まったり、集中治療室の患者にやむを得ず人工呼吸を行うなど病院はパニックに陥ったそうです。

しかし今週行われた事件の公判で、「自分の行為が及ぼす影響を全く理解していなかった」として精神病の訴えが認められ、男は無罪の判決に。なんでも男は電力室のレバーやスイッチを停止させることで“歯ブラシ”が入手できると本気で信じ込み、サイレントヒルのゲーム中で行われる謎解きのような行為を現実で行っていたものと見られています。

犯罪ゲームや戦争ゲームに影響を受けて事件を起こした、なんていう話はよくありますが、サイコホラーゲームの謎解きをリアルの病院でやってしまうとは驚き。歯ブラシをゲットした後は、どんな行動を起こすつもりだったのでしょうか。(ソース: GameSetWatch: Man Blames Psychosis, Silent Hill For Blacking Out Hospital)


【関連記事】
本日の一枚『サイレントヒルの三角頭がモデルデビュー?』
本気すぎるサイレンヒルのナースコスプレ写真集
PS2とPSPにも登場『Silent Hill: Shattered Memories』マルチプラットフォームで正式発表
本日の凶悪コスプレイ『サイレントヒルのクリーチャーを二人がかりで再現』
3体のナースが襲ってくる!『Silent Hill: Homecoming』プレイムービー3本
海外レビューハイスコア 『Silent Hill: Homecoming』
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

    海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

  2. PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

    PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

  3. RAZERのプロゲーマー仕様アケコン「Panthera」7月下旬より国内販売へ

    RAZERのプロゲーマー仕様アケコン「Panthera」7月下旬より国内販売へ

  4. 硬派FPS『Escape from Tarkov』開発元が日本語フォーラムの管理者を募集

  5. Telltale Gamesが『The Wolf Among Us』含む3タイトルの新シーズンを発表

  6. 全エピソード収録『ヒットマン』日本語版発売は8月!限定特典情報も

  7. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  8. 約10年ぶりの復活を果たす『Sudden Strike 4』PS4ゲームプレイムービーが公開

  9. 『River City Ransom: Underground』開発元が配信再開に向けての対応策を発表

  10. 『PUBG』に1人称視点限定サーバーが追加へ!次期月間アップデートで

アクセスランキングをもっと見る

page top