『ポルノみたいに聞こえるゲームのタイトル名』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポルノみたいに聞こえるゲームのタイトル名』TOP10

ゲーム文化 カルチャー

海外サイトのVGCにて、“Top Ten: Game Titles That Sound Like Porn Titles”(ポルノビデオみたいに聞こえるゲームのタイトル名TOP10)なるおバカな企画記事が掲載されています。

開発者やメーカーに下心はなかったはずですが、英語圏には無数のスラングが存在することから、かっこいいはずのゲームタイトルが、なんだかエロいタイトルに勘違いされてしまうこともあるようです。それではさっそく無残にも選ばれてしまった10タイトルを見てみましょう。(なぜかセガのゲームが多いのは気にしない方向で……。)

* * * * * * *


10位: Wild Woody



解説: 鉛筆(?)が主人公のゲームだが“Woody”はスラングで“直立したペニス”を意味する。

9位: Nuts & Milk(ナッツアンドミルク)



解説: “Nuts”は木の実を意味するがスラングで“変態”“いかれたやつ”“睾丸”として用いられることが多い。

8位: Booby Kids(ブービーキッズ)



解説: おっぱいキッズ。

7位: Sticky Balls



解説: “Sticky”は“粘着性”“ネバネバ”、“Balls”はスラングで“きんた○”。

6位: Tongue of the Fatman



解説: “Tongue”は“舌”や“言語”を意味するがスラングで性的に用いられることが多い。

5位: Touch Dic



解説: 説明不要。

4位: Seaman(シーマン)



解説: Semenにちょっと似ている。

3位: 6 Inch My Darling(6インチまいだ〜りん)



解説: 説明不要。

2位: Alone in the Dark: One Eyed Jack's Revenge



解説: “One Eye”はスラングで“ペニス”。無理矢理訳すと「闇の中で1人: ちん○Jackの逆襲」みたいなタイトルに。

1位: GOLF Magazine Presents 36 Great Holes Starring Fred Couples



解説: ゴルファー名の“Fred”はスラングでもう1つの意味が。無理矢理訳すと「ウザいカップルが贈る36の偉大な穴」みたいなタイトルに。

* * * * * * *


(ソース&イメージ: VGC: VGC Top Ten: Game Titles That Sound Like Porn Titles)


【関連記事】
海外サイトが選ぶ『最も奇妙な日本のゲームキャラクター』TOP7
海外サイトが選ぶ『エンディングが最悪なゲーム』ワースト10
『ゲーマーが恋人に向かって言いそうな最悪のセリフ』8選
海外サイトが選ぶ『思わず動揺してしまうボスキャラ』Top 10
発売10周年記念!海外サイトが選ぶ『ドリームキャスト古今の名作』TOP7
Game*Sparkリサーチ『抱かれてみたいゲームキャラ』TOP10
Game*Spark大喜利『エロゲーとフライトシムに特化したゲーム情報サイトがオープン!』審査結果発表!
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  2. 【特集】ナードコアラッパーMega Ran襲来!「indie MEGASHOW Tokyo」会場潜入レポ

    【特集】ナードコアラッパーMega Ran襲来!「indie MEGASHOW Tokyo」会場潜入レポ

  3. 『PUBG』ハイクオリティなファンムービー!―戦いの果てに待つものは……

    『PUBG』ハイクオリティなファンムービー!―戦いの果てに待つものは……

  4. 【インタビュー】『LoL』ライアットゲームズ齋藤氏が考える「プロチームを形作る3つの鍵」

  5. 異色ルールで激突する『ハースストーン』国際戦「ノズドルム杯」開催の経緯とは―チョコブランカ独占インタビュー

  6. リブート映画「TOMB RAIDER」初トレイラー!ゲーム踏襲した新たな「ララ」の姿

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. PS4名作『Bloodborne』の狩人がfigma化!―GOS予約特典は「使者」のフィギュア

  9. 『Destiny 2』白人至上主義的な「ヘイトシンボル」発見か―Bungieは謝罪

  10. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top